BI Daily Newsletter

イーロン・マスク、ついにテキサスに引っ越したことを認める

テキサス州知事、イーロン・マスク

テキサス州のアボット知事とイーロン・マスク氏。

Gov. Abbott via Facebook

12月8日(現地時間)、イーロン・マスク氏がテキサス州に引っ越したことを認めた。

ウォール・ストリート・ジャーナルが主催したバーチャル・カンファレンスで発表したマスク氏は、これまで暮らしてきたカリフォルニア州に対する批判を続けた。

「テスラとスペースXは、カリフォルニアで明らかに大きな事業を展開している」とマスク氏はウォール・ストリート・ジャーナルの編集長マット・マレー(Matt Murray)氏に語った。

「事実、テスラはカリフォルニアで今も車を作り続けている最後の自動車会社であることは注目に値する。スペースXは、カリフォルニアで今も大規模な製造を行っている最後の航空宇宙会社だ。カリフォルニアにはかつて10社以上の自動車工場があったし、カリフォルニアはかつて航空宇宙製造の中心だった。わたしの会社が最後に残った2社だ」

「自分自身については、そうだ、テキサスに引っ越した」とマスク氏は続けた。

「スターシップはまさにわたしが今いる、ここ南テキサスで開発が進められている。この後、打ち上げられることを願っている。そして、オースティン近郊では大規模工場ギガ・テキサスを開発している」

数カ月前から噂されていたマスク氏の引っ越し

マスク氏の"カリフォルニアとの離婚"は、おおむねこの春から始まった。現地の新型コロナウイルス対策によって、テスラはサンフランシスコのベイエリアにあるアメリカ唯一の自動車工場を一時的に閉鎖しなければならなかった。

「テスラは本社と将来のプログラムを即刻テキサス/ネバダに移す」とマスク氏は5月、州や国のガイドラインとは異なる新型コロナ対策を取るアラメダ郡の公衆衛生当局とのいざこざの最中にツイートした

「フリーモントでの製造活動を続けるかどうかは、テスラが今後、どう扱われるか次第だ」

マスク氏はロサンゼルス周辺に所有する自身の家の多くを売りに出した後、夏の間にひそかに自身の慈善団体をテキサスに移していたことが分かっていた。

マスク氏にとって州所得税のないテキサスは、国内で最も州所得税の高いカリフォルニアに比べて明らかに魅力的だ。

[原文:Elon Musk confirms he's moved to Texas after a months-long fight with California

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み