無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


19世紀アメリカの大富豪一族が所有していた大邸宅…敷地63ヘクタール、65部屋。約13億円で売出し中

この65室の「サマーコテージ」は、希望価格1250万ドル(約13億円)で売り出されている。

この65室の「サマーコテージ」は、希望価格1250万ドル(約13億円)で売り出されている。

Anthony Acocella

  • ニューヨーク・ポストによると、かつてヴァンダービルト家が所有していたマサチューセッツ州の邸宅が1250万ドル(約13億円)で売りに出ている。
  • 89エーカー(約36ヘクタール)の敷地に立つ邸宅には、全部で65の部屋がある。
  • 敷地はとても広く、ふたつの町にまたがっているほどだ。
  • 庭園の設計は、ニューヨークのセントラルパークを設計したフレデリック・ロー・オルムステッド(Frederick Law Olmsted)が手がけた。
  • この邸宅は、不動産会社コンパス(Compass)が取り扱っている

19世紀アメリカで栄えた裕福な一族、ヴァンダービルト家がかつて所有していた避暑用「コテージ(小別荘)」が、1250万ドルで売りに出ているとニューヨーク・ポストが報じている

ヴァンダービルト家は、南北戦争直後のいわゆる「金ぴか時代(Gilded Age)」に、莫大な富と高い社会的地位を築いたことで知られている。フォーブス(Forbes)の2014年の記事によるとこの一族は「アメリカの王室」と呼ばれていた。ヴァンダービルト家は実入りのいい鉄道経営で財を築き、著名なビジネスマンや慈善家、社交界の有名人を世に送り出してきた。CNNの著名ジャーナリスト、アンダーソン・クーパー(Anderson Cooper)はヴァンダービルト家の末裔だ。

「エルム・コート(Elm Court)」と呼ばれるこの邸宅は、もともとは鉄道王コーネリアス・ヴァンダービルト(Cornelius Vanderbilt、1794 - 1877)の孫娘のひとりであるエミリー・ソーン・ヴァンダービルト(Emily Thorn Vanderbilt、1852 - 1946)とその夫のために建てられた

ニューヨーク・ポストによれば、建築当初のサマーコテージの質素さに不満を抱いたエミリー夫妻が拡張工事をおこない、現在の65室からなる巨大な邸宅ができあがった。この豪邸が建つ敷地は、マサチューセッツ州の2つの町にまたがっている

それでは、その広大な不動産の内部を見てみよう。


かつてヴァンダービルト家が所有していたマサチューセッツ州のサマーコテージが、1250万ドルで売りに出されている

邸宅の空撮。

上空から見た邸宅。

Gavin Preuss

Source: Compass


マサチューセッツ州のバークシャー地方にある広さ89エーカー(約36ヘクタール)の豪邸「エルム・コート」は、1886年に建築されて以来、ヴァンダービルト家が所有していたが、2012年に、コロラド州デンバーを拠点とするリゾート開発業者に売却された(ただし、この地所をリゾートにする計画は実現しなかった)

邸宅の外観。

邸宅の外観。

Gavin Preuss

Source: The New York Post, Compass


この大邸宅は私邸として使用されてきたが、1948年にヴァンダービルト家の末裔がホテルに変えた。しかし、運営コストが高すぎたせいで1957年に閉鎖されている。以後、1999年まで放置されていたが、別のヴァンダービルト家の一員が購入し、イベント用スペースに改築した。

上空から見た敷地。

上空から見た敷地。

Gavin Preuss

Source: Compass


この邸宅が設計されたのは1800年代で、当時を代表する建築事務所ピーボディ・アンド・スターンズ(Peabody and Sterns)が手がけたという

邸宅に65ある部屋の1つ。

邸宅に65ある部屋の1つ。

Anthony Acocella

Source: Compass


ニューヨーク・ポストによると、豪勢な庭園は、セントラルパークを設計したフレデリック・ロー・オルムステッド(Frederick Law Olmsted)が手がけた

邸宅の遠景。

邸宅の遠景。

Gavin Preuss

Source: Compass


広大な屋敷には、13室のベッドルームと15室のバスルームを含め、合計65室もの部屋がある

邸内の数ある部屋の1つ

邸内の数ある部屋の1つ。

Anthony Acocella

Source: Compass


ダイニングキッチンを含む65室の部屋は、3つの階に配置されている

キッチン。

キッチン。

Anthony Acocella

Source: Compass


キッチンは、広いカウンターのあるアイランド式で、複数のコンロが備わり、いくつかの壁面は収納スペースにあてられている

キッチン。

キッチン。

Anthony Acocella

Source: Compass


ダイニングキッチンのほか、多数のゲストをもてなすことができる、フォーマルな広いダイニングルームもある

ダイニングルーム。

ダイニングルーム。

Anthony Acocella

Source: Compass


ニューヨーク・ポストの記事によると、この邸宅には暖炉や寄木細工の床などの、建築当時の金ぴか時代をしのばせる数々の特徴があるという

随所にある贅沢な暖炉の1つ

随所にある贅沢な暖炉の1つ

Anthony Acocella

Source: The New York Post, Compass


格間が施された天井も

廊下の床はカーペット敷きで、天井には格間(ごうま)が施されている

廊下の床はカーペット敷きで、天井には格間(ごうま)が施されている。

Anthony Acocella

Source: Compass


この邸宅の重要性は、公式に認められている。不動産情報によると、この邸宅はアメリカ合衆国国家歴史登録財(the National Register of Historic Places)に指定されている

どの部屋も天井が高く、広々としている。

どの部屋も天井が高く、広々としている。

Anthony Acocella

Source: Compass


広大な敷地を見渡せるところもたくさんある。主屋には複数のバルコニーと、芝生を眺められるポーチがある

バルコニー。

バルコニー。

Anthony Acocella

Source: Compass


一歩外へ出ると、庭園、木立、芝生などからなる広々とした敷地が迎えてくれる

敷地内の様子。

敷地内の様子。

Gavin Preuss

Source: Compass


当然、主屋が最も広いが、敷地にある建物はそれだけではない。馬車庫、厩舎、管理人棟、2軒の納屋、2軒の小さいコテージもある

厩舎。

厩舎。

Gavin Preuss

Source: Compass


独立した温室もある

温室。

温室。

Gavin Preuss

Source: Compass


2000年には大規模なリノベーションが行われ、廃墟となっていた邸宅がイベント会場に生まれ変わった。「ヴァンダービルトの時代には、本当に華やかな空間だったのだろうと想像できる」と不動産業者のジョン・バルバト(John Barbato)はリアルター・ドット・コム(Realtor.com)に語っている

夕暮れ時の邸宅。

夕暮れ時の邸宅。

Gavin Preuss

Source: Compass, Realtor

[原文:A massive 65-room mansion once owned by the Vanderbilt family is one of the most expensive homes in the Berkshires - take a look inside

(翻訳:梅田智世/ガリレオ、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み