マリッサ・メイヤー氏がYahoo!役員を辞職

Marissa Mayer

Yahoo CEO、マリッサ・メイヤー氏

AP Photo

(編集部注:この記事の内容は、執筆時点のものです)

48億ドルでのVerizonとの合併が完了後、 Yahoo! CEOのマリッサ・メイヤー氏が取締役を辞任すると、 Yahoo! が証券取引委員会を通じて発表した。

メイヤー氏とともに、共同創業者であるデイビッド・ファイロ氏と役員4人もVerizonとの合併後に役員を辞任する。

Verizonはヤフー運行部門を買収するが、中国Eコマースの巨人アリババとの協力関係にある部門、 Yahoo! JAPAN とのパートナーシップなど残りの部門は今まで通り別会社として存続する。

Verizonではなく、他の残った投資会社が役員辞職を月曜日に発表し、 Yahoo! は新しく「Altaba」という社名になる。

発表資料によると、メイヤーの役員辞任は「会社のオペレーションや、社内政治、慣習に関連する問題における不一致」が理由ではない。

Altabaの新しい役員は、活動家のヘッジファンドマネジャー、ジェフ・スミスを含む5人で構成される予定である。


[原文: Marissa Mayer is resigning from Yahoo's board

(翻訳者:Satoru Sasozaki)


ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい