BI Daily Newsletter

「新卒可、業界経験不問、超高給。デトロイトに引っ越す必要なし」GM“3000人採用計画”が本気すぎると話題

prime_GM_3000_barra

米ゼネラル・モーターズのメアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)。2014年の就任以降、GMの大変革を主導する。

Screenshot of General Motors website

  • 米ゼネラル・モーターズは電気自動車と自動運転車へのシフトに対応するため、3000人規模の新規採用を行う。
  • 同社は270億ドルを投じて2025年までに30車種の新型EVを市場投入する方針を明らかにしている。
  • 採用する職種は、大半がソフトウェア開発のためのエンジニアで、そのほかデザイナーやIT部門の社員も募集する。
  • 新卒と経験者のいずれも応募可能。経験者については自動車業界での経験を問わない。
  • GMバイスプレジデントのケン・モリスは「我々は動きを加速する。かつて以上に多くのことを同時に進めていく」と語る。

GMが電気自動車(EV)や自動運転車へのシフトを加速している。

同社のメアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)は最近、EV分野に270億ドル(約2兆8500億円)を投資し、2025年までに30車種の新型EVを市場投入すると発表している。従来計画では2023年までに22車種の計画だった。すでに年間研究開発予算の半分(およそ70億ドル)はEVと自動運転分野に充てている。

EVや自動運転車、コネクテッドカーへの移行を見据えた集中的な人材登用も始まっている。バーラCEOは11月、将来の製品ラインナップのシフトとソフトウェア・アズ・ア・サービス(SaaS)開発のため、エンジニアリングやデザイン部門、IT部門で、3000人規模の新規採用を行う考えを明らかにした。

自動運転と電気自動車の開発を担当するバイスプレジデントのケン・モリスはBusiness Insiderの取材に対し次のように語った。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み