無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


自動運転分野の専門家3人が大胆予測「次に買収されるのはこの7社」。ズークス、ウーバーATGに続くのは…

prime_self_driving_zoox

アマゾンは2020年6月にロボットタクシー開発を手がけるスタートアップ、ズークス(Zoox)の買収を発表。自動運転分野の合併・統合の動きが加速している。

Screenshot of Zoox website

  • オーロラ・イノベーション(Aurora Innovation)によるウーバー(Uber)自動運転開発部門の買収が、統合集約が進む業界の最新トピックとして注目を集めている。
  • Business Insiderは自動車産業の専門家3人に依頼し、次に買収されそうな企業を予測してもらった。
  • ニューロ(Nuro)やトゥーシンプル(TuSimple)、ガーティック(Gatik)などの名があがった。

ここ数年、自動運転分野では合併や買収が相次いでいる。自動運転車の開発には、フォーチュン500社に名を連ねるような大企業の資本力と、スタートアップに集まりがちな優秀なエンジニアが山ほど必要なことに、どの企業も気づいたからだ。

2020年12月には、アマゾン出資のオーロラが、同社の発行済み株式26%と取締役ポストを提供するのと引き換えに、ウーバーの自動運転開発部門アドバンスト・テクノロジー・グループ(ATG)を吸収合併すると発表。大きな話題を呼んだ。

またその6カ月前には、アマゾンがロボタクシースタートアップのズークス(Zoox)を買収している。

大手による自動運転開発企業の「買い漁り」がまだまだ想定されるなか、Business Insiderは専門家3人に「次に買収の対象になる可能性が最も高い企業」を予測してもらった。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

会計とファイナンスで読むニュース

創業27年で時価総額200兆円。ベゾスはいかにしてアマゾンを成長させてきたか

  • 村上 茂久 [株式会社ファインディールズ 代表取締役]
  • Jul. 29, 2021, 07:15 AM

有料会員限定

tmb_ma.001

ジャック・マー「データテクノロジー時代は“利他”が思想の中核になる」

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Jul. 29, 2021, 07:10 AM

有料会員限定

矢澤麻里子

支えられたシスターフッド。この人がいなかったら生まれなかった企業を【矢澤麻里子4】

  • 浜田 敬子 [ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長]
  • Jul. 29, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み