BI Daily Newsletter

【佐藤優】「個性」は“見せかけの病”にすぎない。夏目漱石も悩んだ「自信のなさ」の正体とは?

yusato_45_thum.001

「『個性』と『能力』は一致しない。会社で自分らしさを出したいなら、まずは利益をもたらす働きをすること」。前回、佐藤優さんに受けた教えを胸に、シマオは気持ちを新たに仕事に向き合うようになった。

そんなシマオに、佐藤さんが薦めた一冊は、日本で初めて「個性」に苦しんだ人物のものだった。

夏目漱石も個性の問題で悩んでいた

シマオ:個性を出すには、まず型を身につけることが必要と教えていただいたので、最近は仕事でも基本に忠実にやるようにしています。

佐藤さん:それはいいことですね。個性について相談を受けたので、シマオ君にぜひ読んでもらいたい本を持ってきました。

シマオ:ありがとうございます! どんな本ですか?

佐藤さん:夏目漱石の『私の個人主義』です。これは、学習院の学生組織である学習院輔仁会で漱石がした講演をまとめたものですが、ここに述べられている個性についての考えは、今でも通用するものです。

シマオ:漱石の講演本? 講演会をしているイメージなんてなかったです。どんなことを言っているのですか?

佐藤さん:後のちゆっくり読んでいただきたいのですが、漱石は自らの研究人生を振り返りながら、個性について語っています。彼は英文学を研究していたのですが、外国人の研究者が言っていることの受け売りをするだけで本当に学問をしていると言えるのか? ということに悩んでいました。

シマオ:外国人の言うことを有難がってしまう日本人……って、今でもそうですよね。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

【1/19まで】クーポンコード「PRIME2021V2」で初月500円OFF!
※2回目以降のお支払いには適用されません。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み