2年連続赤字の電通、海外事業再編「存続する6社」内部資料を入手。エージェンシー150社以上が整理対象に

電通 本社

東京・汐留の電通本社。財務状況の悪化を受けて、海外事業の大規模な再編に着手する。

REUTERS/Issei Kato/File photo

  • 電通が海外事業の大規模な整理を行う。グループ傘下のうち、「生き残る」企業が見えてきた。
  • 従来型のクリエイティブエージェンシーや小規模なメディアエージェンシーは消滅する可能性が高い。

グルーバルで6万人以上の従業員を抱える広告大手の電通グループが、近年の財務状況の悪化から、160ある傘下のエージェンシーを6つに統合再編する。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み