BI Daily Newsletter

【速報】イーロン・マスクのスペースXが急ピッチの巨額資金調達を計画。8月の2000億円からわずか半年

スペースX スターシップ

12月9日、米テキサス州ボカチカの発射台から打ち上げられた、スペースXが開発中の巨大宇宙船「スターシップ」のプロトタイプ(無人実験用、8号機)。

SpaceX

  • 2020年8月の資金調達ラウンドで19億ドルを集めたばかりのスペースXが、新たな資金調達の準備に動いている。関係者2人が証言した。
  • 実現すれば、スペースXの評価額は460億ドルから920億ドルへと倍増を果たすことになるという。2021年1月中旬から下旬にかけてのクロージングが想定される。
  • 同関係者は「たった半年で評価額が倍増するなんて考えられない」と驚きを隠さない。
  • モルガン・スタンレー・リサーチの証券アナリストによると、スペースXが衛星インターネットサービス「スターリンク」と巨大宇宙船「スターシップ」の商用化に成功すれば、スペースXの評価額は2000億ドルに達するという。

イーロン・マスク率いる宇宙開発企業スペースXが、4カ月前の2020年8月に19億ドル(約2000億円)を調達したばかりにもかかわらず、またも新たな資金調達ラウンドの準備を進めている模様だ。関係者2人が証言した。

次のラウンドは2021年中旬から下旬にかけてクロージングの計画で、実現すればスペースXの評価額は現在の460億ドル(約4兆8300億円)から倍増の920億ドル(約9兆6600億円)に跳ね上がるという。

ただし、投資家との交渉はまだ初期段階で、正確な調達額はまだ決まっていない。最終決定と引受先の確定にはまだ数週間かかるとみられる。交渉の結果、スペースX側が希望する評価額まで達しない可能性も残されている。

「正直言って、非常に驚いた。たった半年で評価額が倍になる企業なんてあるだろうか?このくらいの規模になると何が何だか分からないが、とにかくとんでもないことだ。これまで1回の資金調達ラウンドあたりの(評価額)成長率はせいぜい10〜20%だったわけだから」

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み