BI Daily Newsletter

ザッカーバーグ夫妻の名を冠した病院名への非難を決議…サンフランシスコ市、誤情報拡散や脱税疑惑にも言及

プリシラ・チャン(左)とマーク・ザッカーバーグ(右)

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(右)と妻で医師のプリシラ・チャン。

Ian Tuttle/Getty Images for Breakthrough Prize

  • サンフランシスコ市監理委員会は、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOとその妻で医師のプリシラ・チャンの名を冠した地元病院の名称を非難する決議を可決した。
  • 同院は2015年、夫妻から7500万ドルの寄付を受けた後、プリシラ・チャン・アンド・マーク・ザッカーバーグ・サンフランシスコ総合病院へと改名した。
  • 同委員会は決議で、フェイスブックは誤った情報を広め、公衆衛生を危険にさらしたと述べている。
  • 「サンフランシスコ唯一の公立病院が、我が国および世界中で公衆衛生を危険にさらす人物の名を名乗るべきではない。にもかかわらず、実際には名乗っている」と議案の発起人であるゴードン・マーが述べたとVoxが伝えている。
  • この議決に法的な効力はなく、病院は名称を変更する必要はない。

5日(現地時間)、フェイスブック(Facebook)のCEO、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)CEOとその妻で医師のプリシラ・チャン(Priscilla Chan)の名を冠した地元病院の名称を非難する決議を可決した

サンフランシスコ市監理委員会(San Francisco Board of Supervisors)は、その名称を非難する決議を圧倒的多数で可決し、夫妻の脱税とフェイスブックがプラットフォーム上で誤った情報を広めて「公衆衛生を危険にさらした」とした。

サンフランシスコ総合病院は2015年に夫妻から7500万ドル(約77億5000万円)の寄付を受けた後、プリシラ・チャン・アンド・マーク・ザッカーバーグ・サンフランシスコ総合病院(Priscilla Chan and Mark Zuckerberg San Francisco General Hospital)へと改名された。

この決議に法的な効力はなく、病院は名称を変更する必要はない。50年間に渡る名称の変更は寄付の一環だったとVoxは報じており、元の名に戻せば、病院側は寄付金の7500万ドルを返金しなければならない可能性が高い。

法案の発起人であるゴードン・マー(Gordon Mar)委員は「サンフランシスコ唯一の公立病院が、我が国および世界中で公衆衛生を危険にさらす人物の名を名乗るべきではない。にもかかわらず、実際にその名が付いている」と述べた、とVoxが伝えている。

「これらは政策的な決定であり、人命に関わることだ」

名称を変更するようにとの要求は数年前からあったが、病院のスタッフがより積極的に活動するようになったのは、2020年の夏以降だ。

ザッカーバーグとチャンからの7500万ドルは、シリコン・バレー・コミュニティー財団(SVCF:Silicon Valley Community Foundation)を通じて分割で寄付されている。決議では、こうした財団が「新規株式公開(IPO)のようなイベント後の株価上昇によるキャピタルゲイン税を相殺するためのタックスシェルター」として非難されていると指摘した。さらに、チャンとザッカーバーグの最初の寄付は、フェイスブックのIPOとほぼ同時期で「寄付した者は数千万ドルのキャピタルゲイン税を節約できただろう」とも述べた。

「サンフランシスコ市郡は、脱税を阻止すべきであり、公然とそれをさせてはいけない」と監理委員会は述べている。さらに建設および備品にかかった12億4400万ドル(約1285億2800万円)の約90%は、サンフランシスコの税金で賄われたと付け加えた。

Business Insiderはフェイスブックとチャン・ザッカーバーグ・イチシアチブ(Chan Zuckerberg Initiative)、SVCFにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

ザッカーバーグは以前、ヨーロッパの税制改革を支持する発言をしており、「フェイスブックは、新制度下でより多くの税金を収めなければならいことや、さまざまな場所で納税しなければならなくなることを受け入れる」とコメントしている。

ヨーロッパのデジタル課税導入の取り組みについては、フェイスブックの広報担当者も同様に「最終的には国際的な解決策が必要になるので、各国政府に対し、国際的な税制改革に注力するように促す」とBusiness Insiderに語っている。

税をめぐる論争では、同社は過去にも不正を否定している。

フェイスブックは、2020年に新たなポリシーを導入し、誤まった情報を厳しく取り締まろうとしており、具体的には、外部の事実確認グループと協力してワクチンに関する誤った情報を含んだ投稿の拡散を抑制したりワクチンにマイクロチップが入っているという誤った内容の投稿を禁止したり選挙に関する誤った投稿へのラベルの追加したりしている

監理委員会の決議はまた、市当局に対しても、公共施設の命名権に関して「サンフランシスコの価値と住民の人権と尊厳、そして社会的・人種的正義を肯定して遵守する」こと反映した明確な基準を設けるように求めた。

さらに、ケンブリッジ・アナリティカ(Cambridge Analytica)スキャンダル、選挙およびCOVID-19に関するプラットフォーム上での誤情報の拡散、ドナルド・トランプ大統領(President Donald Trump)の「アフリカ系アメリカ人に対する憎悪や暴力をあおるような」投稿の削除を否定したことなど、病院の改称以来、フェイスブックが巻き込まれたその他の論争を列挙した。

サンフランシスコ総合病院基金(San Francisco General Hospital Foundation)のCEO、キム・メレディス(Kim Meredith)は、この決議によって「今後、寄付することを思いとどまらせてしまうという影響が出る可能性がある」との懸念を示した



[原文:Officials condemned the naming of a San Francisco hospital after Mark Zuckerberg and Priscilla Chan, saying misinformation on Facebook endangered public health

(翻訳:Ito Yasuko、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

飲み会

禁酒法時代には特許数が減少。飲み会イノベーションをDXするには?

  • 石山 洸 [株式会社エクサウィザーズ代表取締役社長]
  • Jan. 20, 2021, 07:00 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み