無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


製菓メーカー5社が語る「コロナ禍のビジネス戦略」 売れた菓子、売れなかった菓子は?

国内大手製菓メーカーの代表的な商品たち。

国内大手製菓メーカーの代表的な商品たち。

撮影:吉川慧

新型コロナのパンデミックに見舞われた2020年。世界中で人の移動が制限され、飲食を伴う交流が自由にできなくなり、私たちはかつてない規模で生活の変化を強いられました。

そんな社会の移り変わりは、日々の暮らしの中で私たちの心を癒やしてくれる「お菓子」にも影響を与えました。お菓子には「食べて美味しい」というだけでなく、人と人とをつなぐコミュニケーションツールという側面もあるからです。

誰かと一緒にテーブルを囲み、お菓子を食べながら会話を楽しむ ——。そんなささやかな幸せを享受することも難しい時代。製菓メーカーも、ビジネスの難しい舵取りを迫られています。

国内で上場する大手製菓メーカー5社は、コロナ禍とどう向き合っているのでしょうか。取材を通じて見えたのは、生活様式の変化を受け止めつつ、厳しい時代の中でも「どうやってお菓子を楽しんでもらえるか」を考え、努力を続ける各社の姿でした。コロナ禍のビジネス戦略を5社に聞きました。

コロナ禍のお菓子をめぐる「共通点」5つ

まず、参考までに各社の決算説明資料から菓子部門の業績を振り返っておきましょう。

5社のうち4社(明治江崎グリコカルビー森永製菓)では、菓子部門・セグメントの売上高が前年同期比で5〜12%の減収に。唯一、菓子部門の売上高が増収となったブルボンも前年同期比1.1%増と、ほぼ横ばいとなりました。

数字を見ると、全体としてはコロナ禍でお菓子の売れ行きは低迷した……と言えそうです。

一方で、売れ行きの変化や新商品を見ると、コロナ禍のお菓子をめぐる「共通点」も見えてきましたた。お菓子業界の今と未来を紐解く5つのポイントを見てみましょう。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み