BI Daily Newsletter

397年ぶりに木星と土星が「超大接近」。日没後、肉眼で観察可能

jkbjbjbbujbu55555

2020/12/21 10:26公開。

ウェザーニュース

今日12月21日(月)の日没後、木星と土星の2つの惑星が397年ぶりに「超大接近」している様子を観測可能です。

日の入りの1時間後から2時間後にかけて見やすい時間帯となります。ぜひ肉眼や双眼鏡、天体望遠鏡などで観察してみてください。

今日は冬型の気圧配置となっているため、太平洋側の地域ほど観測しやすい天気となりそうです。

>>GPS検索 ピンポイント天気予報

最接近時の角距離は「満月の直径の約5分の1」

nbjbucyr467

望遠鏡を覗いたときのイメージ(正立像の場合)

ウェザーニュース

木星と土星は日の入り後の南西の空に見え始め、その後2時間ほどで西の地平線に沈んでしまいます。最接近は明日22日(火)の午前3時頃のため、日本では今日21日(月)の日の入り後が観測のチャンスです。

最接近時には角距離約0.1度(6分)まで近づく超大接近で、その近さは満月の視直径の5分の1程度ということになります。木星や土星は肉眼でも十分観察可能な明るさですが、天体望遠鏡で見ても同一視野に入るほどの近さです。

木星を天体望遠鏡で観察したことのある方だと、4つのガリレオ衛星を見たことがあるかもしれませんが、それらと似たような距離に土星を見ることが出来ることになります。

木星と土星は約20年周期で接近しますが、これほどの大接近となるのは1623年7月17日(日本では徳川家光が江戸幕府3代将軍になる1か月ほど前)以来のことで、実に397年ぶりとなります。次回、今回と同程度近づくのは60年後の2080年になります。

なお「接近」と呼んでいますが、実際に2つの惑星が近づいているわけではなく、地球から見たときの方向が同じになり、近づいて見えるというわけです。

肉眼での見え方は想定不能!? 1つに見える?2つに見える?

bhuhihiio76

きのう20日(日)の様子。空が暗くなる前に木星が先に見え始める。

ウェザーニュース

今回、接近の様子が肉眼でどう見えるかが天文関係者の間で話題となっています。

外部リンク » 〜木星・土星"超"大接近観測プロジェクト〜

木星は薄明の空でも明るく輝く惑星で、土星も肉眼で容易に観察出来るほどの明るさをもっています。そのためこの2つの惑星が接近しているときに、肉眼では「2つに見える」のか「1つに見える」のか、数百年間起こっていない現象のため想像がつかないというわけです。

  • 木星が非常に明るいので1つに見える
  • 木星と土星がくっついて見える
  • 木星と土星が離れて見える

空の明るさなどにもよるため、時間帯や地域によっても見え方が違うかもしれません。薄明の空では土星が見えづらいため、ある程度暗くなって頃合いでどう見えるかが気になるところです。

はたして皆さんの目にはどう見えるのか、ウェザーニュースでもアンケート調査を行う予定です。防寒を万全にして、ぜひ観察してみてください。

>>ウェザーニュース 天文・星空情報

(文・ウェザーニュース

"ウェザーニュース"より転載(2020年12月21日公開の記事)

ウェザーニュースは、株式会社ウェザーニュースが運営する天気専門メディアです。ウェザーニュースアプリでは、高精度な天気予報をはじめ、天気や季節に関する多彩なコンテンツを配信中。

※ウェザーニュース提供の記事に関する注意事項は、転載元ページの「ご利用に際して」をご確認ください。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み