無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


元上司イーロン・マスクが教えてくれた「経営者にとっていちばん大事なこと」。ルーシッドCEOが語る

prime_lucid_top

ルーシッド・モーターズ(Lucid Motors)のピーター・ローリンソン最高経営責任者(CEO)がテスラ勤務時代の教訓を語った。

Lucid Motors

  • ルーシッド・モーターズ(Lucid Motors)のピーター・ローリンソン最高経営責任者(CEO)は2009〜12年、イーロン・マスク率いるテスラで働いていた。
  • ローリンソンがマスクから学んだ最大の教訓は「徹底した楽観主義」だという。

ピーター・ローリンソンは2009年から12年までテスラに勤務し、同社の画期的な電動(EV)セダン「モデルS」の開発チームを率いていた。

現在はEVスタートアップのルーシッド・モーターズでCEOを務めるローリンソンがマスクから学んだのは、「徹底した楽観主義」の重要性だった。

「成功は成功を呼ぶ、と僕は考えている。ありったけの情熱を注いで、完全に没頭して取り組めば、実現できないことはないと思う。ルーシッドの仲間たちは、僕がそうやって仕事に打ち込んでいることをよく知っている。あるべきリーダーシップとはそういうものだと自分は考えている」

さらにローリンソンは、失敗しそうなことに力をかけすぎると、目標を達成できる可能性は低くなると語る。

「他の余計なことにかまわず、ひとつのことに打ち込まなくちゃいけないときもある」

ローリンソンによれば、マスクはやると宣言したことを、文字通り「刻一刻と」実現したり、成功させたりしてきた。

ローリンソン自身も、ルーシッドにジョインした2013年以降、マスクと同じように約束を実現してきた(CEO就任は2019年)。彼の会社とプロダクト(高級EVセダンの「ルーシッド・エア」)に寄せる信頼は、自社のエンジニアリング部門と設計部門が積み重ねてきた実績に裏打ちされたものだ。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

【期間限定】クーポンコード「BIP21」で年額プランが今だけ10%OFF ※有効期限11/1 23:59:00、初回(1年目)のお支払いのみ適用されます。
有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

tmb_af.001

なぜテスラの時価総額には自動車7社が束になっても敵わないのか。業界揺るがす「2つの地殻変動」

  • 村上 茂久 [株式会社ファインディールズ 代表取締役]
  • Oct. 27, 2021, 07:15 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み