無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


2021年にVCが注目する最新トレンド16選。オフィスの形はどう変わり、投資が集まるのはどの分野?【前編】

エクスペンシファイ

コロナ禍を経てオフィスはホテル化する?(写真はオレゴン州ポートランドにあるエクスペンシファイ本社)。

Expensify提供

  • 2021年に注目すべきテックトレンドをベンチャーキャピタリスト(VC)が語った。
  • 未来の働き方は、リモートと対面を組み合わせたハイブリッド型になっていくという。職場は人と人が交流するための場所となり、オフィスはグループで安全に集まれるように再設計されるだろう。
  • VCが予測する2021年に活気づく3セクターは、不動産テック、エドテック、気候テックだ。

2021年にはどんなテクノロジーが来るのだろうか。ベンチャーキャピタリスト(VC)たちが水晶玉をのぞき込んで占っている。

1年前のVCによる予測は驚くほど正確だった。彼らが挙げた注目トレンドは、リモートワークや有名人によるスタートアップへの投資、シリコンバレーからの人口流出などで、まったくその通りになった。

そこでBusiness Insiderは今回も、ベンチャーキャピタル勤務のパートナーや、自己資金で投資活動を行うスーパーエンジェル20人に、ウォッチしている投資テーマや、今注目はされているが2021年にブレイクしないトレンドは何だと思うか尋ねた。

ネタバレだが、シリコンバレーが復活する。白人男性だけの取締役会はアウトだ。不動産テック(proptech)、エドテック(edtech)、気候テック(climate tech)にはVCも熱視線を送っている。

コロナのワクチン接種が進み、企業がオフィスを再開する動きも見られるなか、ベンチャーキャピタルも未来の働き方に関しては一家言持っている。

オフィスは今後社員のニーズに合わせて再構成され、在宅勤務とオフィス勤務をうまい具合に組み合わせた「ハイブリッド型の働き方」モデルになっていくだろう、というのが共通見解だ。ではその見立ての詳細とは?

VCによる2021年トレンド予測の16テーマを、前後編の2本立てで紹介する。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み