【スノーピーク・山井梨沙3】都市生活者と自然をつなぐ新コンセプト発明。「社員9割反対」の壁をどう崩したか

山井梨沙 ミライノツクリテ

洋服を通して文化をつくりたい。

その思いがここで果たせるのか、期待と不安を内混ぜにして山井梨沙(33)はスノーピークに入社した。2012年、24歳の時だった。

さっそく任されたのは「アパレル事業の立ち上げ」。当時、細々と存在していたアパレルラインを整理することから始め、イチからオリジナルブランドをつくるプロジェクトに着手した。

自身のキャンプ経験から、山井の頭にあったのは、二つの課題だ。メンズと比べて品数が少なく、あっても極端にガーリーなデザインに偏っていた女性向けのキャンプウェアを充実させたいという課題が一つ。もう一つは、より大きな「コアファンが楽しむ趣味でしかないキャンプの裾野を広げるには?」という課題だった。

つまり、アウトドアに馴染みの薄い都市生活者をいかに呼び込めるかというテーマ。そして、その答えにファッションはなれるのではないか、という仮説は描けていた。

英語喋れないアメリカ出張で掴んだコンセプト

ポートランドの街並み

山井が出張することになったオレゴン州ポートランドは近年、その環境意識の高さや、クラフトビール・サードウェーブコーヒーなどで知られるようになった街だ。

Joshua Rainey Photography / Shutterstock.com

時を同じくして、社長(父・太)から突然降ってきたのが「アメリカに行ってきてくれ」という指令。ポートランドを拠点とする人気アウトドアブランド「nau(ナウ)」から、コラボレーションの話が舞い込んだのだ。急遽、山井がスノーピークを代表するデザイナーとしてビザを取り、渡米することになった。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み