無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


【スノーピーク・山井梨沙4】コロナ禍で社長就任と予想外のバッシング。それでも「自分の仕事の可能性を信じよ」

山井梨沙 ミライノツクリテ

山井梨沙(33)が社長に就任したのは2020年3月のこと。以後、現在に至るまでの日々は「苦労の連続だった」と振り返る。

想像を超えるダメージとなったのは、就任直後のバッシングだった。たまたま自社のリリースよりも先に報じたファッションメディアに掲載された写真が、標的となった。

山井の体にはタトゥーがある。好きな言葉や地元・新潟のモチーフなど、「生涯向き合うもの」という意思を込めて入れたものだ。わざわざそれが写り込んだ写真を掲載したメディアにも悪意はなかったのだが、記事は広く転載され、無名の誹謗中傷が山井に押し寄せた。タトゥーだけでなく、「30代の女性に社長が務まるのか?」といった女性差別の暴言も浴びせられた。

「私みたいな人間が社長に就任して発信することで、東証一部上場企業の価値観も変えていけるかもしれない。自分自身に期待をかけていたし、『結果さえ出せば信頼されるはず』と頭では理解しているんだけれど、会ったこともない無数の人たちから批判されるのはつらいですね。生まれて初めて、1週間くらい眠れなくなりました」

コロナ禍で再定義した企業理念

マスクをつける安倍前首相

新型コロナウイルス の感染拡大を受け、2020年4月7日には安倍前首相が緊急事態宣言を発令した。

REUTERS

気持ちを立て直す間もなく襲ってきたコロナショック。リーダーとして、ものづくりの情熱を社員に面と向かって伝える機会は一気に失われた。もともとリアルなコミュニケーションを重視していた山井は調子を狂わされた。

社長としてどう指揮をとるべきか迷う日々の中、救いになったのは、前年に自らじっくりと時間をかけて改訂していたミッションステートメント(企業理念)や、それに準じる行動指針「心の三か条」「行動の六か条」だった。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

インサイド・チャイナ

北京・上海で計画停電、信号も止まる「電力不足」。優先すべきは経済か環境か…中国が直面する矛盾

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Oct. 19, 2021, 07:15 AM

有料会員限定

karakama_WEO_202110_top

日本経済の悪化ぶりは別次元。最新のIMF「世界経済見通し」が示すアフターコロナの“国際格差”

  • 唐鎌大輔 [みずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト]
  • Oct. 19, 2021, 07:00 AM
  • 15,804

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み