無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


強烈寒気で週後半は関東でも最低気温がマイナスに。「爆弾低気圧」発生で大雪・荒天も【週間天気1/6〜1/12】

週間天気

2021/01/05 05:56 ウェザーニュース

■この先1週間のポイント■

  • 冬型続き、太平洋側は晴れる日多い
  • 爆弾低気圧通過 各地で暴風警戒
  • シーズン最低クラスの寒さに

冬型続き、太平洋側は晴れる日多い

強弱はあるものの冬型の気圧配置が続くため、日本海側の地域では雪や雨の降りやすく、関東など太平洋側の地域では晴れる日が多い予想です。

ただ、7日(木)は日本海の低気圧が前線を伴って急発達しながら進む影響で、太平洋側でも天気の崩れるところがある見込みです。

爆弾低気圧通過 各地で暴風警戒

7日(木)9時の予想天気図

7日(木)9時の予想天気図。

6日(水)頃に日本海で低気圧が発生し、7日(木)にかけて「爆弾低気圧」と呼ばれるような急発達をしながら、北日本付近を通過します。

このため非常に強い風が吹く見通しで、西日本から北日本にかけての沿岸の地域を中心に暴風雨や暴風雪に警戒してください。飛来物だけでなく、停電などにも注意が必要です。

低気圧の通過後は北から強い寒気が流れ込むため、日本海側の地域を中心に北日本から西日本にかけての広範囲で雪が降り、場合によっては大雪により交通機関に影響が出るおそれがあります。今後の気象情報に注意してください。

シーズン最低クラスの寒さに

上空1500m付近の寒気予想 8日(金)9時

上空1500m付近の寒気予想 8日(金)9時。

爆弾低気圧のあと、上空1500m付近で-15℃以下という「10年に一度」と言えるほどの強さの寒気が、西日本まで南下する予想となっています。

この影響で、西日本や東日本の都市部でも非常に強い冷え込みとなることが予想されます。8日(金)以降は東京都心でも連日氷点下の冷え込みとなるほか、西日本の沿岸部や関東の市街地などでも-5℃前後まで下がり、水道管凍結の可能性があります。

また、暴風などにより万が一停電が発生して暖房家電が使えなくなると屋内でも凍える寒さとなるため、灯油の補充やカイロの準備などもしておいたほうが良さそうです。

>>水道管凍結予報>>10日間先までの天気・気温の予想

(文・ウェザーニュース

"ウェザーニュース"より転載(2021年1月5日公開の記事)

ウェザーニュースは、株式会社ウェザーニュースが運営する天気専門メディアです。ウェザーニュースアプリでは、高精度な天気予報をはじめ、天気や季節に関する多彩なコンテンツを配信中。

※ウェザーニュース提供の記事に関する注意事項は、転載元ページの「ご利用に際して」をご確認ください。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

tmb_issue_.008

ビジネスパーソンにも効く! 入山先生がこの夏にすすめる3冊【音声付】

  • 入山章栄 [早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授]
  • Jul. 30, 2021, 06:15 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み