BUSINESS INSIDER JAPAN ビジネス インサイダー ジャパン

Forward Thinker

Sponsored by

Forward Thinker

Forward Thinker

[ BUSINESS INSIDER JAPAN Special Feature ]

Forward Thinker

脳卒中患者に希望を──「治る力」を引き出す医療機器、知られざる開発秘話

| Tech Insider

Sponsored

牛場さん

脳卒中を発症すると、多くの人は身体に麻痺が残り、不自由な生活を強いられる。本人はもちろん、介護する家族などの苦労も大変だ。

そうした患者の麻痺した手指を動かす画期的なトレーニング装置(BMI:ブレイン・マシン・インターフェース)を、慶應義塾大学理工学部生命情報学科の牛場潤一准教授が開発した。

頭にヘッドセット、腕に専用ロボットを付け、頭の中で指を動かそうと念じる。すると、脳の中に残っている神経回路が電気信号を出す。その脳波をAIが分析し、腕に付けたロボットが指を動かす。「動いた」という情報は脳にフィードバックされ、何度も訓練を繰り返すうちに、装置を外しても指は自分の意志で動くようになる。

にわかには信じられないような話だが、牛場准教授は「脳の損傷していない部分が信号伝達の迂回路を作ったからだ」と説明する。脳は私たちが考えているより、はるかに柔らかに機能を再構築する力を持っている。

「BMIやそのほかの補完技術を組み合わせ、脳が持つ『治る力』を高めることで、患者がかなりの動作を自分でこなせるようになる未来がくる」と牛場准教授は強調する。

創業した大学発ベンチャー「Connect株式会社」を通じて、今後数年のうちにBMIを医療機器として発売する計画だ。今後は適用する部位や疾患を拡大したいという牛場准教授に、回復のメカニズムや今後の展望を聞いた。

牛場 潤一(うしば・じゅんいち):慶應義塾大学理工学部生命情報学科准教授。2001年、慶應義塾大学理工学部物理情報工学科卒業。2004年に博士(工学)取得。同年、慶應義塾大学理工学部生命情報学科に助手として着任。2007年より同専任講師となる。2012年より現職。2014~2018年、慶應義塾大学基礎科学・基盤工学インスティテュート(KiPAS)主任研究員。2019年より研究成果活用企業Connect株式会社代表取締役社長を兼務。共著書に『バイオサイバネティクス 生理学から制御工学へ』(コロナ社)がある。

Related articles