民主党に勝利もたらした「陰の功労者」。80万人に行動促したステイシー・エイブラムスの新しいリーダー像

ステイシー・エイブラムス

2020年のアメリカ大統領選は歴史に残る大接戦となった。ジョー・バイデンに勝利をもたらした要因のひとつは、激戦州ジョージアを民主党が1992年以来初めて制したこと。その陰の立役者とされるのがステイシー・エイブラムス(47)だ。

Jessica McGowan/Getty Images

  • 激戦州だったジョージア州で、2020年大統領選および上院議員の決選投票を民主党が制した。この勝利に大きく貢献したのが、ステイシー・エイブラムスだ。
  • 政治家であり活動家でもあるエイブラムスにとって、勝利への道のりは決して楽なものではなかった。2018年にはジョージア州知事選で落選。そこから立ち直り、非営利のプログラムを3つスタートさせ、2020年の大統領選では80万人を有権者登録させた。
  • 本稿では、エイブラムスの類まれなリーダーシップを紹介する。

2018年11月、ステイシー・エイブラムスはジョージア州の知事選で、民主党候補として同州史上最多の得票数だったにもかかわらず落選した。

だが彼女は動じなかった。

投票日の翌午前2時、演壇に立ったエイブラムスは、冷静かつ雄弁な演説をいとも自然に行ったのだ。

メッセージは明快だった。選挙は、投票妨害という機能不全を示す事例だというものだ。共和党の対抗馬ブライアン・ケンプは有権者数万人の投票を妨害しようとしたため、エイブラムスは敗北を認めなかった。

「敗北宣言は、ある行為が正当で真実で適正だと認めること。私は道義心と信念を持つ女性として、敗北を認めるわけにはいきません」。エイブラムスはそう演説した。

「ジョージア州では、公民権は常に意志によってなされる行為であり、魂の戦いでもあり続けてきたのですから」

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み