無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ウェイモ、自動運転(self-driving)という言葉を廃止…「社会や消費者に誤った印象を与えている」と暗にテスラを批判

ウェイモは「自動運転」の文言を消した

ウェイモは1月6日のブログ投稿で、テスラを批判した。

Horacio Villalobos - Corbis/Getty Images

  • アルファベット傘下の自動運転車開発企業、ウェイモは1月6日、マーケティング資料や教育関連資料から「自動運転(self-driving)」という言葉を削除すると述べた。
  • テスラの「完全自動運転(full self-driving)」機能は、誤解を招くと批判されており、ウェイモはそれと距離を起きたいようだ。
  • 「残念ながら、自動運転の文言を誤って使っている自動車メーカーがあり、完全ではない運転支援技術について、社会や消費者に間違った印象を与えている」と、ウェイモはブログに投稿した。

2009年にグーグル(Google)の自動運転車開発プロジェクトとして始まったウェイモ(Waymo)は、「自動運転(self-driving)」の文言を同社の用語から削除することにした。

2016年にアルファベット(Alphabet)傘下のグーグルの姉妹企業となったウェイモは、同社の技術について、「慎重に検討した文言」である「自律運転(autonomous driving)」に移行すると述べた。

ウェイモはテスラ(Tesla)について直接言及していないが、今回の用語変更は、イーロン・マスク(Elon Musk)の電気自動車企業を皮肉っているように見える。テスラは、「完全自動運転」と称する1万ドルのオプション機能を提供しようとしている。

「小さな変更に見えるかもしれないが重要なことだ。文言の正確さが、人の命を救うこともある」と、ウェイモは1月6日のブログで述べた

「この正確さが、当社が開発中の完全自律技術と、安全のためにドライバーの監視が必要な運転支援技術(時に誤って「自動運転技術」と呼ばれる)とを区別するために役立つことを願っている」

テスラは「完全自動運転」機能を一般公開はしてはいないが、2019年秋、一部のユーザーにベータ版を公開した。ネット上に公開された動画では、駐車している車や障害物への衝突を避けるため、ドライバーが介入した様子が見られた。これは、まだテストの段階ではあるにせよ、ソフトウェアがドライバーの注意力を上回るまでには、まだ時間がかかるということだ。

同社によると、「完全自動運転」とオートパイロットと呼ばれる限定的な運転支援システムはどちらもドライバーが常にハンドルを握る必要がある。しかし、それでもドライバーの不注意による事故で、テスラの運転支援ソフトウェアが非難された例は数多くある。

ウェイモは1月6日のブログでそのような事例に言及し、テスラのマーケティングは誤解を招き、悲惨な結果を引き起こしかねないという専門家、政治家規制当局の懸念に同調している。アメリカ運輸省道路交通安全局(National Highway Traffic Safety Administration)は、「現在購入可能な車に、自動運転できるものはない」と断言している。

「残念ながら、 『自動運転(self-driving)』という言葉を誤って使っている自動車メーカーが見受けられ、その完全ではない運転支援技術について、社会や消費者に間違った印象を与えている」とウェイモは述べた。

「この誤った印象によって、ドライバーが知らず知らずのうちにハンドルから手を放すなどして、ドライバー自身や周囲の人々の安全を脅かすリスクを生じる可能性がある」

ウェイモは、「自動運転について話そう(Let's Talk Self-Driving)」という啓蒙キャンペーンの名称を、「自律運転について話そう(Let's Talk Autonomous Driving)」に変更すると発表した。

しかし、自動運転技術について企業がどのように表現すべきかについてはコンセンサスが得られておらず、多くの専門家は現在のグローバルスタンダードである自動車技術者協会(Society of Automotive Engineers)の5段階の基準に異議を唱えている。

自動運転への野望を抱くテスラのマスクCEOは、誇大な宣伝にもかかわらず、完全自動運転技術の展開という挑戦的な目標をどれも達成していない。マスクは、2020年には街をロボットタクシーが走るようになるだろうと述べていたが、実現しなかった。

一方でウェイモは2020年10月、無人の自動運転ライドシェアサービスをアリゾナ州フェニックスで開始した

[原文:Waymo, in an apparent dig at Tesla, drops the term 'self-driving' from its vocabulary

(翻訳:Makiko Sato、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

karakama_germany_2109_posters

メルケル独首相の後継レースは大混戦。ドイツ総選挙、いよいよ日曜日に投票迫る

  • 唐鎌大輔 [みずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト]
  • Sep. 24, 2021, 07:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み