メリル・ストリープがこれまでに出演した74作品ランキング

メリル・ストリープ

20th Century Fox Home Entertainment; 20th Century Fox; Universal Pictures

メリル・ストリープは、アカデミー賞に21回ノミネートされている素晴らしい女優だ。

1976年以降、その長いキャリアを通じて、ストリープはハリウッドで活躍する最も多才でパワフルな女性の1人との評価を築いてきた。

映画評論サイト「ロッテン・トマト(Rotten Tomatoes)」の批評家による評価に基づく、ストリープが出演した74作品ランキングを見ていこう。

※全ての評価スコアは記事を公開した時点のもので、変わる可能性があります。批評家スコアがない作品はリストに含まれていません。


ストリープの映画の中で、批評家の評価が最も低かったのは『大いなる陰謀』(2007年)だ。

『大いなる陰謀』

『大いなる陰謀』より。

MGM Distribution Co.

批評家スコア:27%


『いつか眠りにつく前に』(2007年)ではライラを演じた。

『いつか眠りにつく前に』

『いつか眠りにつく前に』より。

Focus Features

批評家スコア:27%


『愛と精霊の家』(1994年)ではクララをだった。

『愛と精霊の家』

『愛と精霊の家』より。

Live Home Video

批評家スコア:30%


『判決前夜/ビフォア・アンド・アフター』(1996年)ではキャロリン・ライアン役で主演を務めた。

『判決前夜/ビフォア・アンド・アフター』

『判決前夜/ビフォア・アンド・アフター』より。

Disney

批評家スコア:32%


『ギヴァー 記憶を注ぐ者』(2014年)では主席長老という重要な役を演じた。

『ギヴァー 記憶を注ぐ者』

『ギヴァー 記憶を注ぐ者』より。

The Weinstein Company

批評家スコア:35%


『シー・デビル』(1989年)ではメアリー・フィッシャーを演じた。

『シー・デビル』

『シー・デビル』より。

20th Century Fox

批評家スコア:40%


『アフター・ザ・レイン』(2008年)では、大学の後援者ジョアンナ・シルバーだった。

『アフター・ザ・レイン』

『アフター・ザ・レイン』より。

First Independent Pictures

批評家スコア:40%


コメディ映画『ザ・ランドロマット — パナマ文書流出 — 』(2019年)ではエレン・マーティンを演じた。

『ザ・ランドロマット — パナマ文書流出 — 』

『ザ・ランドロマット — パナマ文書流出 — 』より。

Netflix

批評家スコア:41%


ロマンティック・コメディ『心みだれて』(1986年)ではジャック・ニコルソンと共演。

『心みだれて』

『心みだれて』より。

Paramount Pictures

批評家スコア:45%


『レンディション』(2007年)にはコリーン・ホイットマン役で登場した。

『レンディション』

『レンディション』より。

New Line Cinema

批評家スコア:47%


『Prime』(2005年)ではセラピストを演じた。

『Prime』

『Prime』より。

Universal Pictures

批評家スコア:50%


『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(2012年)で、ストリープはアカデミー賞主演女優賞を受賞した。

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』より。

The Weinstein Co.

批評家スコア:52%


コメディ『永遠に美しく…』(1992年)ではマデリーン・アシュトンを演じた。

『永遠に美しく…』

『永遠に美しく…』より。

Universal Pictures

批評家スコア:54%


ミュージカル映画『マンマ・ミーア!』(2008年)ではドナ・シェリダン役で主演した。

『マンマ・ミーア!』

『マンマ・ミーア!』より。

Universal Pictures

批評家スコア:55%


『プレンティ』(1985年)ではスーザン・トラハーンを演じた。

『プレンティ』

『プレンティ』より。

20th Century Fox Film Corporat

批評家スコア:56%


『ザ・プロム』(2020年)ではディーディー・アレンを演じた。

『ザ・プロム』

『ザ・プロム』より。

Netflix

批評家スコア:58%


『激流』(1994年)ではゲイル・ハートマンを演じた。

『激流』

『激流』より。

Universal Pictures

批評家スコア:58%


ドキュメンタリー作品『僕たちも学びたい ~貧困と闘う子ども労働者たち~』ではナレーションを務めた。

『僕たちも学びたい ~貧困と闘う子ども労働者たち~』

『僕たちも学びたい ~貧困と闘う子ども労働者たち~』より。

Galen Films

批評家スコア:58%


ラブコメ『恋するベーカリー』(2009年)ではアレック・ボールドウィン、スティーブ・マーティンと三角関係に。

『恋するベーカリー』

『恋するベーカリー』より。

Universal Pictures

批評家スコア:58%


『黄昏に燃えて』(1987年)では再びジャック・ニコルソンと共演した。

『黄昏に燃えて』

『黄昏に燃えて』より。

Vestron Video

批評家スコア:58%


『恋におちて』(1984年)ではモリー・ギルモアを演じた。

『恋におちて』

『恋におちて』より。

Paramount Home Video

批評家スコア:58%


『愛と哀しみの果て』(1985年)ではカレン・ブリクセン役で主演を務めた。

『愛と哀しみの果て』

『愛と哀しみの果て』より。

Universal Pictures

批評家スコア:59%


コメディ映画『ふたりにクギづけ』(2003年)には本人役でカメオ出演。

『ふたりにクギづけ』

『ふたりにクギづけ』より。

20th Century Fox

批評家スコア:61%


『アントブリー』(2006年)では女王アリの声を担当した。

『アントブリー』

『アントブリー』より。

Warner Bros. Pictures

批評家スコア:62%


『殺意の香り』(1982年)ではブルック・レイノルズを演じた。

『殺意の香り』

『殺意の香り』より。

MGM

批評家スコア:63%


『ミュージック・オブ・ハート』(1999年)ではロベルタ・ガスパーリ役で主演を務めた。

『ミュージック・オブ・ハート』

『ミュージック・オブ・ハート』より。

Miramax

批評家スコア:63%


ドキュメンタリー作品『TO THE ARCTIC -北極へ-』(2012年)ではナレーションを担当。

ストリープ

メリル・ストリープ。

Warner Bros. Pictures

批評家スコア:64%


『Dancing at Lughnasa』(1998年)ではケイト・ムンディを演じた。

『Dancing at Lughnasa』

『Dancing at Lughnasa』より。

Sony Pictures Classics

批評家スコア:64%


『幸せをつかむ歌』(2015年)ではロックシンガーのリッキーを演じた。

『幸せをつかむ歌』

『幸せをつかむ歌』より。

TriStar Pictures

批評家スコア:65%


『8月の家族たち』(2013年)ではバイオレット・ウェストンを演じた。

『8月の家族たち』

『8月の家族たち』より。

Claire Folger / The Weinstein Company

批評家スコア:67%


ドキュメンタリー『Wrestling With Angels: Playwright Tony Kushner』(2006年)ではインタビューを受けている。

『Wrestling With Angels: Playwright Tony Kushner』

『Wrestling With Angels: Playwright Tony Kushner』より。

PBS

批評家スコア:70%


ドキュメンタリー『A Fierce Green Fire』(2013年)ではナレーションを担当。

『A Fierce Green Fire』

『A Fierce Green Fire』より。

First Run Features

批評家スコア:70%


『イントゥ・ザ・ウッズ』(2014年)では魔女を演じた。

『イントゥ・ザ・ウッズ』

『イントゥ・ザ・ウッズ』より。

Walt Disney Pictures

批評家スコア:71%


ドキュメンタリー作品『Theater of War』(2008年)にも登場している。

『Theater of War』

『Theater of War』より。

White Buffalo Entertainment

批評家スコア:72%


『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』(2004年)ではジョセフィーンおばさんを演じた。

『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』

『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』より。

Paramount Pictures

批評家スコア:72%


『未来を花束にして』(2015年)ではエメリン・パンクハーストを演じた。

『未来を花束にして』

『未来を花束にして』より。

Focus Features

批評家スコア:73%


『シルクウッド』(1983年)ではカレン・シルクウッド役で主演を務めた。

『シルクウッド』

『シルクウッド』より。

20th Century Fox

批評家スコア:74%


『A.I.』(2001年)ではブルー・メカの声を担当した。

『A.I.』

『A.I.』より。

DreamWorks

批評家スコア:74%


『プラダを着た悪魔』(2006年)のミランダ・プリーストリーは、ストリープが演じた最も記憶に残る役の1つだろう。

『プラダを着た悪魔』

『プラダを着た悪魔』より。

20th Century Fox

批評家スコア:75%


『31年目の夫婦げんか』(2012年)ではケイ・ソームズを演じた。

『31年目の夫婦げんか』

『31年目の夫婦げんか』より。

Sony Pictures

批評家スコア:75%


『ジュリア』(1977年)にはアン・マリー役で出演。

『ジュリア』

『ジュリア』より。

20th Century Fox Film Corporation

批評家スコア:76%


『ジュリー&ジュリア』(2009年)では実在した料理研究家ジュリア・チャイルドを演じた。

『ジュリー&ジュリア』

『ジュリー&ジュリア』より。

Columbia Pictures

批評家スコア:77%


ストリープは『ソフィーの選択』(1982年)で演じたソフィー役でアカデミー賞主演女優賞を受賞した。

『ソフィーの選択』

『ソフィーの選択』より。

Twentieth Century Fox Home Entertainment

批評家スコア:78%


『フランス軍中尉の女』(1981年)ではアンナとサラを演じた。

『フランス軍中尉の女』

『フランス軍中尉の女』より。

MGM Home Entertainment

批評家スコア:79%


『メリー・ポピンズ リターンズ』(2018年)にはトプシー役で出演。

『メリー・ポピンズ リターンズ』

『メリー・ポピンズ リターンズ』より。

Disney

批評家スコア:79%


『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』(2018年)では再びドナを演じた。

『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』

『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』より。

Universal Pictures

批評家スコア:79%


『ダウト〜あるカトリック学校で〜』(2008年)では、シスター・アロイシアス役で主演。

『ダウト〜あるカトリック学校で〜』

『ダウト〜あるカトリック学校で〜』より。

Miramax

批評家スコア:79%


『クライシス・オブ・アメリカ』(2004年)ではエレノア・ショーを演じた。

『クライシス・オブ・アメリカ』

『クライシス・オブ・アメリカ』より。

Paramount Pictures

批評家スコア:80%


『めぐりあう時間たち』(2002年)ではクラリッサ・ヴォーンを演じた。

『めぐりあう時間たち』

『めぐりあう時間たち』より。

Miramax Films

批評家スコア:80%


ドキュメンタリー作品『I Knew It Was You: Rediscovering John Cazale』(2009年)にも登場。

『I Knew It Was You: Rediscovering John Cazale』

『I Knew It Was You: Rediscovering John Cazale』より。

Oscilloscope Laboratories

批評家スコア:80%


『ミッション・ワイルド』(2014年)ではアルタ・カーターを演じた。

『ミッション・ワイルド』

『ミッション・ワイルド』より。

Roadside Attractions

批評家スコア:81%


『今宵、フィッツジェラルド劇場で』(2006年)ではヨランダ・ジョンソンを演じた。

『今宵、フィッツジェラルド劇場で』

『今宵、フィッツジェラルド劇場で』より。

New Line Cinema

批評家スコア:81%


『ハリウッドにくちづけ』(1990年)ではスザンヌ・ヴェール役で主演。

『ハリウッドにくちづけ』

『ハリウッドにくちづけ』より。

Columbia Pictures

批評家スコア:84%


『マイ・ルーム』(1996年)ではリーを演じた。

『マイ・ルーム』

『マイ・ルーム』より。

Miramax Films

批評家スコア:84%


ハリケーン・カトリーナのドキュメンタリー『Hurricane on the Bayou』(2006年)ではナレーションを担当。

『Hurricane on the Bayou』

『Hurricane on the Bayou』より。

Audubon Nature Institute

批評家スコア:85%


『或る上院議員の私生活』(1979年)ではカレン・トレイナーを演じた。

『或る上院議員の私生活』

『或る上院議員の私生活』より。

Universal Pictures

批評家スコア:86%


ハリウッドのドキュメンタリー『This Changes Everything』(2018年)にも登場。

『This Changes Everything』

『This Changes Everything』より。

Good Deed Entertainment

批評家スコア:87%


『マダム・フローレンス!夢見るふたり』(2016年)では主人公フローレンス・フォスター・ジェンキンスを演じた。

『マダム・フローレンス!夢見るふたり』

『マダム・フローレンス!夢見るふたり』より。

Paramount Pictures

批評家スコア:87%


『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2018年)では新聞の発行人キャサリン・グラハムを演じた。

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』より。

20th Century Fox

批評家スコア:88%


ストリープは『クレイマー、クレイマー』(1979年)で初めてアカデミー賞を受賞した。

『クレイマー、クレイマー』

『クレイマー、クレイマー』より。

Columbia

批評家スコア:88%


『レット・ゼム・オール・トーク』(2020年)ではアリス・ヒューズ役で主演。

『レット・ゼム・オール・トーク』

『レット・ゼム・オール・トーク』より。

HBO Max/Warner Bros.

批評家スコア:89%


『母の眠り』(1998年)ではケイト・グルデンを演じた。

『母の眠り』

『母の眠り』より。

Universal Pictures

批評家スコア:89%


ドキュメンタリー作品『Girl Rising ~私が決める、私の未来~』(2013年)ではナレーションを担当。

『Girl Rising ~私が決める、私の未来~』

『Girl Rising ~私が決める、私の未来~』より。

Netflix

批評家スコア:89%


『マディソン郡の橋』(1995年)ではフランチェスカ・ジョンソン役で主演。

『マディソン郡の橋』

『マディソン郡の橋』より。

Warner Bros.

批評家スコア:90%


ドキュメンタリー『Every Act of Life』(2018年)ではインタビューを受けた。

『Every Act of Life』

『Every Act of Life』より。

Floating World Pictures

批評家スコア:91%


『アダプテーション』(2002年)ではスーザン・オーリアンを演じた。

『アダプテーション』

『アダプテーション』より。

Sony Pictures

批評家スコア:91%


『ディア・ハンター』(1978年)では、リンダ役でロバート・デ・ニーロやクリストファー・ウォーケンらと共演。

『ディア・ハンター』

『ディア・ハンター』より。

Universal Pictures

批評家スコア:92%


『ファンタスティック Mr. FOX』(2009年)ではMrs. フェリシティー・フォックスの声を担当した。

『ファンタスティック Mr. FOX』

『ファンタスティック Mr. FOX』より。

20th Century Fox

批評家スコア:93%


『クライ・イン・ザ・ダーク』(1988年)ではリンディ・チェンバレンを演じた。

『クライ・イン・ザ・ダーク』

『クライ・イン・ザ・ダーク』より。

Warner Home Video

批評家スコア:93%


『マンハッタン』(1979年)ではジルを演じた。

『マンハッタン』

『マンハッタン』より。

United Artists

批評家スコア:96%


『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(2019年)ではマーチ伯母さんを演じた。

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』より。

Sony

批評家スコア:95%


『あなたの死後にご用心!』(1991年)ではジュリアを演じた。

『あなたの死後にご用心!』

『あなたの死後にご用心!』より。

Warner Bros.

批評家スコア:97%


ドキュメンタリー『Everything Is Copy』(2016年)にも出演。

『Everything Is Copy』

『Everything Is Copy』より。

HBO

批評家スコア:100%


ドキュメンタリー『Everybody Knows ... Elizabeth Murray』(2017年)では、エリザベス・マレーの個人的な日記からの引用部分のナレーションを担当した。

『Everybody Knows ... Elizabeth Murray』

『Everybody Knows ... Elizabeth Murray』より。

RubyRed Productions

批評家スコア:100%

[原文:All of Meryl Streep's movies, ranked

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み