コロナ300人感染でロックダウン、中国政府の首都防衛戦。上海は春節前に全市民ワクチン

インサイド・チャイナ

REUTERS

「感染確定者1:女、69歳、藁城区増村鎮小果庄村人。2020年12月20日から31日まで村内で過ごす。2020年1月1日正定県新城鋪村に行き浅舎飯店で会食。1月2~3日、自宅で過ごす。1月4日、PCR検査で陽性判定が出て、救急車で石家荘市第5病院に搬送。無症状感染者と診断。1月9日に救急車で河北胸科医院に搬送し、確定診断」

中国当局は新型コロナウイルス感染者が確認されるたび、接触可能性がある人への注意喚起や感染拡大エリアの周知のために、感染者のプロフィールと行動履歴を詳細に公表する。ここまで丸裸になる社会は恐ろしいが、感染拡大の相当な抑止力になっているのも確かだ。

河北省政府は1月10日、9日に感染が判明した46人の行動歴を公表した。同省では2021年に入り、省都の石家荘市や隣接する邢台市でクラスターが発生。9日までに354人の感染を確認した。首都・北京市の通勤圏内である河北省での感染拡大に、中国政府は早々に石家荘園の都市封鎖を断行。「首都防衛戦」に突入している。

村のイベントで感染拡大

検査

1月初旬、河北省邢台市ではクラスター発生を受けて全市民のPCR検査が行われた。

Reuters

中国は2020年春に感染をおおむね封じ込め、経済活動を正常化させた。その後局地的に感染者が出ているが、徹底的な検査と隔離で拡大を食い止めてきた。中国科学院が1月公表した予測によると、2021年の国内GDP成長率は8.5%に達する見通しだ。

だが、春先から専門家が「2020年秋から冬に第2波が来る」と警告していた通り、気温の低下と変異種の広がりで、この1カ月はクラスターの規模が拡大し、感染ペースも早まっている。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み