無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


『ハリー・ポッター』の出演者が明かす、撮影で楽しかったこと&イヤだったこと 19

ハリー・ポッター

Warner Bros.

映画『ハリー・ポッター』シリーズの出演者たちは10年にわたって、数えきれないほどの時間をセットで過ごしたことで素晴らしい思い出を手に入れた。

だが、全ての瞬間がスクリーンで見るほど楽しかったり、ワクワクしたものではなかったようだ。

映画を作る中で、出演者たちが楽しんだこと、実はイヤだったことをいくつか見ていこう。


トム・フェルトンは『ハリー・ポッターと謎のプリンス』でトイレを爆発させるのが好きだった。

ドラコ

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』より。

Warner Bros.

2019年のSYFYのインタビュートム・フェルトン(ドラコ・マルフォイ)は、「お気に入りの瞬間を選ぶのは難しい」とした上で、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』でのバスルームでの戦いの撮影はすごく楽しかったと語った。

「ぼくたちが魔法を使う時、大抵その多くは実際には起きていないんだけど、この時はバスルーム全体に爆発物が仕掛けられていたんだ。だから杖をちょっと動かすたびに何かが爆発したんだよ。あれはすごく楽しかった」


ダニエル・ラドクリフはゲイリー・オールドマンとベースギターを弾いた良い思い出があるという。

ポッター、シリウス

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』より。

Warner Bros.

2019年のHollywood Lifeのインタビューでダニエル・ラドクリフ(ハリー・ポッター)は、撮影現場でのたくさんの良い思い出の中から特に印象的だった出来事を明かした。

ある朝、現場でゲイリー・オールドマン(シリウス・ブラック)がラドクリフにビートルズの『Come Together』のベースギターの弾き方を教えてくれたのだという。

「あれはぼくが一生忘れることのない、奇妙で夢のような瞬間だった」とラドクリフは語った。


エマ・ワトソンはヘレナ・ボナム=カーターとの共演が楽しかったという。これはボナム=カーターも同じだった。

ハーマイオニー

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』より。

Warner Bros.

2011年の記者会見エマ・ワトソン(ハーマイオニー・グレンジャー)は、ヘレナ・ボナム=カーター(ベラトリックス・レストレンジ)との共演が映画作りの中で楽しかったことの1つだと語った。

2人がスクリーンで一緒になる時間はあまり多くなかったが、シリーズ最後の映画ではボナム=カーターがベラトリックスになりすますハーマイオニーを演じなければならなかった。ワトソンもボナム=カーターもこのシーンを映画の中のお気に入りの1つに挙げている。

「エマ・ワトソンにものすごい化粧をするのではなく、彼らは『あなたがハーマイオニーのようにやって』と言ったんです。あれは楽しかった。ハーマイオニーになりたいとずっと思っていたから」とボナム=カーターは2010年、MTV Newsに語った。

「ダン(ラドクリフ)とルパート(グリント)を見たら、2人はわたしを17歳かのように扱ってくれたのよ」


ロビー・コルトレーンは善良な人間を演じられてうれしかったという。

ハグリッド

ルビウス・ハグリッドを演じたロビー・コルトレーン。

Warner Bros. Pictures

2011年のIndieLondonのインタビューでロビー・コルトレーン(ルビウス・ハグリッド)は、これほど善良な心の持ち主を演じられなくなるのは寂しいと話した。

「ハグリッドの素晴らしいところは、とことん善良な人間ということだ。わたしのキャリアでこれほど善良な人間を演じたのは初めてだ」とコルトレーンは語った。

「ギャング、服装倒錯者、殺人者…… 想像できる限りあらゆる役を演じてきたけれど、とことん善良な男を演じたのはこれが初めてだった」


ジェイソン・アイザックスは魔法使いであることを楽しんだ。

ジェイソン・アイザックス

ルシウス・マルフォイを演じたジェイソン・アイザックス。

Warner Bros.

最初のシーンでカメラが回り始めた瞬間から、ジェイソン・アイザックスは卑劣なルシウス・マルフォイを演じるのが本当に楽しかったという。

「全ての中でぼくのお気に入りの瞬間は、リチャード・ハリスと11歳のダニエル(・ラドクリフ)と初めて一緒になった時と、ぼくが手を振るとドアが閉まることを知った日だ」と2015年、Hollywireに語った。

「そしてぼくが宙を蹴ると、屋敷しもべ妖精のドビーが現れて、ぼくが蹴ったせいでドビーが倒れるんだ。魔法の力は素晴らしいね」


ボニー・ライトは「必要の部屋」での撮影が好きだった。

ボニー・ライト

ジニー・ウィーズリーを演じたボニー・ライト。

Warner Bros.

2020年、ボニー・ライト(ジニー・ウィーズリー)はスクリーン上の兄であるジェームズとオリバー・フェルプス(フレッドどジョージ・ウィーズリー)とともにポッドキャスト『Double Trouble』(現在は『Normal Not Normal』として知られている)に登場した。

『ハリー・ポッター』の思い出を語り合う中でライトは、5作目の映画のダンブルドア軍団のシーンの撮影が好きだったと話した。ただ、「必要の部屋」のセットは物理的に居心地が悪かったという。

「あのセットは好きだったけど、あそこにいると閉所恐怖症みたいになって…… 終わりに向かって1つの部屋にあまりに多くの人がいて、ちょっとヒステリックになっていたわ」

「でも、だからこそわたしはあのセットが好きだったんだと思う。みんながうるさいティーンエイジャーみたいな特別な時間だったから」


ワーウィック・デイヴィスはダンスパーティでのステージ・ダイビングを楽しんだ。

ワーウィック・デイヴィス

ワーウィック・デイヴィスはフリットウィック先生とグリップフックを演じた。

Warner Bros.

ワーウィック・デイヴィス(フリットウィック先生/グリップフック)は、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のダンスパーティのシーンの撮影がすごく楽しかったと2011年、Entertainment Weeklyに語った。

「ステージの下には大きなスピーカーがあって、大広間は文字通り音と一緒に振動していた」

「そして、ぼくはステージからダイブすることになった…… (監督の)マイク・ニューウェルには冗談で言ったつもりだったのにね。月曜日、彼が戻ってきて『金曜日に言ったこと覚えているよね? あれをやろう』と言ったんだ」


ナタリア・テナは箒を使って飛ぶのが好きだった。

ナタリア・テナ

ナタリア・テナはニンファドーラ・トンクスを演じた。

Warner Bros.

ナタリア・テナ(ニンファドーラ・トンクス)は、箒を使って飛ぶシーンの撮影が好きだったとEntertainment Weeklyの2011年のパネル・ディスカッションで語った。

「巨大なグリーンルームで、この動く箒に乗ってものすごく高いところにいると、2人のセクシーでたくましい男の人たちが風を吹かせてくるのよ」

「ハーレーか何かに乗っているみたいだったわ」


ルーク・ヤングブラッドはフェルプス兄弟とのやりとりが楽しかったという。

ルーク・ヤングブラッド

ルーク・ヤングブラッドはリー・ジョーダンを演じた。

Warner Bros.

ルーク・ヤングブラッド(リー・ジョーダン)は1作目の撮影中にフェルプス兄弟と仲良くなって、その後20年にわたって友人関係が続いているという。

2020年、ポッドキャスト『Double Trouble』に登場したヤングブラッドは、お互いにしかけ合ったいたずらの話や子どもの頃の楽しい思い出について詳しく語った。


レイフ・ファインズはハリー・ポッターとの杖による決闘を楽しんだ。

レイフ・ファインズ

レイフ・ファインズはヴォルデモート卿を演じた。

Warner Bros.

「命がけの決闘の撮影はすごく楽しかった。あれは良かった。ダニエルと大きな中庭でね。最高だったよ」とレイフ・ファインズ(ヴォルデモート卿)は2019年、GQに語った

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』でチャリティ・バーベッジをナギニに与える前のマグルについてのモノローグのシーンの撮影も良かったとファインズは話している。


ヘレン・マックロリーは、ハリーとヴォルデモートの最終対決に圧倒されたという。

ヘレン・マックロリー

ヘレン・マックロリーはナルシッサ・マルフォイを演じた。

Warner Bros.

2011年のEWの会見でヘレン・マックロリー(ナルシッサ・マルフォイ)は、最終対決のシーンがいかに素晴らしかったかを語った。

「あれは本当にすごかった」

「わたしたちはあのシーンをリアルタイムで撮影したの。あれは本当に起きたのよ。あの場にいられて光栄だった。刺激的だったわ」


一方、ラドクリフはクィディッチのシーンが好きではなかった。

ラドクリフ

Warner Bros.

あの架空の人気スポーツはスクリーンで見るには楽しい。だが、ラドクリフによると、撮影はあまり楽しくなかったようだ。

「クィディッチは『ハリー・ポッター』でやったことの中で、断トツで一番楽しくなかった。間違いない」とラドクリフは2009年、 IndieLondonに語った。

「愉快な経験ではないね。すごく痛いし、もうやりたくない」


映画の1作目はハーマイオニーの髪型があまりにもひどかったと、ワトソンは考えている。

ハーマイオニー

エマ・ワトソンは、1作目のハーマイオニーの髪型が気に入らなかった。

Warner Bros.

Timeによると、2015年のイタリア版ヴォーグのインタビューでワトソンは、映画『ハリー・ポッター』では全てがうまくいったわけではないと語った。

「最初の『ハリー・ポッター』の映像を見た時、すぐにわたしの髪がひどいことになってると思ったわ」


マギー・スミスは自分のシーンを待つ間、マクゴナガルの衣装を着たまま座っているのがあまり好きでなかった。

マギー・スミス

マギー・スミスはミネルバ・マクゴナガルを演じた。

Warner Bros.

Evening Standardによると、マギー・スミスは『ハリー・ポッター』の撮影現場の裏で最高の時間を過ごしていたわけではないようだ。

「この帽子を被っていることが一番疲れると分かったんです。あれは世界で一番重いものでした。わたしの帽子はアルバート・ホールのようにものすごく大きくて重かったのです」とスミスは語った。

「頭の上に『ハリー・ポッター』のためのあのバカげた帽子がある状態で、わたしは約1週間、雪の中にいました。それで来る日も来る日も使われないままあのトレーラーに座っていたら、あまり陽気な気分にはならないわ」


ボナム=カーターは自分の役に没頭し過ぎて、思わず共演者を怪我させてしまったことを後悔している。

ボナム=カーター、マシュー・ルイス

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』より。

Warner Bros.

ベラトリックス・レストレンジを演じていたボナム=カーターは、マシュー・ルイス(ネビル・ロングボトム)を物理的に脅さなければならないシーンがあったが、計画通りには行かなかった。

「誤って彼の耳を突いてしまったの」とボナム=カーターは2007年、EWに語った

「綿棒みたいに杖を使って彼の耳を掃除できるんじゃないかと思ったの。拷問みたいな感じでね。でも、運悪くわたしが杖でつつこうとした時に彼が杖に向かって動いて、鼓膜に穴が開いてしまったのよ」

内出血もあったものの、ルイスは彼女に対し、それを一切認めようとはしなかったとボナム=カーターは語った。それほどルイスは「好青年」だったのだという。


フェルプス兄弟は「必要の部屋」の暑さには耐えられなかったという。

フェルプス兄弟

Warner Bros.

ポッドキャスト『Double Trouble』のライトが登場したエピソードで、ジェームズは『ハリー・ポッター』の中で一番嫌いだったセットについて語った。

「誰にも言ったことはなかったんだけど、ぼくは秘密の部屋のセットが大嫌いだった」とジェームズは明かした。

双子のオリバーも同じ意見だった。見た目はかっこいいけれど、暑くてものすごく居心地が悪かったという。


ティーンエイジャーとしては、女の子が周りにいる時にネビルでいることがルイスは嫌だったという。

ネビル

Warner Bros. Pictures.

ルイスにとって、おかしな衣装を着たティーンエイジャーの男子でいるのは辛いことだった。

「(映画の)3作目、4作目、5作目、6作目でぼくはファット・スーツを着て、偽物の歯も3、4本つけていたんだ」とルイスはEWに語った

「気にならなかったのは、14歳か15歳までだった。セットには女の子もいたしね。『どうしてぼく?』って感じだったよ」


イメルダ・スタウントンは、ドローレス・アンブリッジとしてハリーを苦しめるのが好きでなかった。

アンブリッジ

Warner Bros.

2016年のEWのインタビューでイメルダ・スタウントン(ドローレス・アンブリッジ)は、ファンと同じくらい自身が演じたキャラクターが嫌いだと語った。

「演じるのは楽しかったです。でも、わたしがハリーに反省文を書かせて、それが彼の手に浮かび上がるシーンは、演じるのが一番難しかったと言わざるを得ません。これで数日間、とても嫌な気持ちになりました」

「『わたしたちは皆、あれほど残酷にもなれるのだ』と気付かされました。あれは本当に恐ろしい気分でした」


ジョン・ハートは、映画を作るのにかかる費用が「べらぼう過ぎる」と思っていた。

ギャリック・オリバンダー

ジョン・ハートはギャリック・オリバンダーを演じた。

Warner Brothers

ジョン・ハート(ギャリック・オリバンダー)はこの映画に対し、他の共演者たちとはやや異なる見方を持っていた。映画評論サイト「ロッテン・トマト(Rotten Tomatoes)」の2009年のインタビューでハートは、『ハリー・ポッター』の製作費に対する自身の考えを語った。

「『ハリー・ポッター』にどれだけの資金が使われたかを見るのは興味深いね。あれは本当にべらぼう過ぎる」

「ハリウッドと同じだと思った。周りを見回すと衣装が3着あって、どれも着用される可能性は低くて、それらは全てお互いのレプリカなんだ」

「あれは無駄遣いだ。正気とは思えない」

[原文:11 things the 'Harry Potter' cast loved about making the films, and 8 things they hated

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み