BUSINESS INSIDER JAPAN ビジネス インサイダー ジャパン

Forward Thinker

Sponsored by

Forward Thinker

Forward Thinker

[ BUSINESS INSIDER JAPAN Special Feature ]

Forward Thinker

日本科学未来館を「新しい科学技術」実装の実験場に──新館長・浅川氏に聞く展望

| Business

Sponsored

サムネイル

ホームページを声で読み上げるソフトウェアの開発は、PCやインターネットを通して、視覚障がい者にさまざまな情報へのアクセスを可能にした。その技術は、道案内をする音声ナビゲーション・システムなど多方面に応用され、視覚障がい者のみならず、高齢者や外国からの旅行者など多くの人に役立っている。

現在その研究・開発チームが取り組むのは、視覚障がい者の目となり耳となって支援を行うスーツケース型のAIロボットだ。チームを率いるのはIBMフェローで、カーネギー・メロン大学客員教授の浅川智恵子さん。2021年4月には毛利衛氏の後任として、日本科学未来館(東京都江東区青海)の第2代館長に就任予定である。

「誰一人取り残さない」社会を実現するための科学技術とその展望について聞いた。

浅川智恵子(あさかわ・ちえこ):IBMフェロー、カーネギー・メロン大学客員教授。1985年 日本アイ・ビー・エム(株)東京基礎研究所に入社。非視覚的ユーザー・インタフェースの研究・開発に従事。2003年米国女性技術者団体(The Women in Technology International)殿堂入り。2004年東京大学工学系研究科先端学際工学専攻博士課程を修了、工学博士。2009年 IBMフェロー就任。2013年 紫綬褒章受章、カーネギー・メロン大学客員教授を兼務。2021年4月 日本科学未来館館長(第2代)就任予定。

Related articles