あの有名俳優や歌手も? マクドナルドで働いていた17人の有名人

レイチェル・マクアダムス、マクドナルド

俳優のレイチェル・マクアダムスもマクドナルドで働いていた。

Jim Spellman/WireImage/Darren McCollester/Newsmakers/Getty Images

誰でもどこかで始めなければならない。多くの人々に知られ、愛されるスターも、有名になる前はレジ係だったり、調理係だったり、ビッグマックを提供するスタッフだった。

マクドナルドで働いた経験を良い思い出というセレブもいれば、悲惨だったと語ったり、身の危険を感じたと振り返るセレブもいる。

有名になる前、マクドナルドで働いていた17人の有名人を見ていこう。


トーク番組『ザ・トゥナイト・ショー 』の元司会者ジェイ・レノが初めて働いたのはマクドナルドだった。

ジェイ・レノ

ジェイ・レノ。

Margaret Norton/NBCU Photo Bank/NBCUniversal/Getty Images

フォーブスによると、レノはマクドナルドで働く中で、ビジネスのやり方を学んだと話している。マクドナルドは低いポジションからスタートした人間が幹部になっていることで知られ、レノはこれを自身のトーク番組にも取り入れた。


アンディ・マクダウェルにとって、マクドナルドで働いたのは良い思い出だ。

アンディ・マクダウェル

アンディ・マクダウェル。

Anita Bugge/WireImage/Getty Images

フォーブスによると、マクダウェルはサウスカロライナ州のマクドナルドで働くのが楽しかったと語っている。当時は「仲間意識とチームワークにあふれた素晴らしい職場」だと感じていたという。


トーク番組『ザ・ビュー』の元司会者スター・ジョーンズは、マクドナルドで働いたことで責任感が身についたという。

スター・ジョーンズ

スター・ジョーンズ。

Michael Loccisano/Getty Images

「マクドナルドのフライ係をやったことで、わたしは社会人としての道を歩み始めたの! 責任感が身についたわ」とジョーンズは2015年のツイッターで述べた


メイシー・グレイはマクドナルドの職場環境を称賛した。

メイシー・グレイ

メイシー・グレイ。

Frank Micelotta/Getty

「わたしはマクドナルドのクルーとして働いていました。マクドナルドでの仕事には、人々が考える以上に多くの収穫があります」とグレイはプレスリリースでコメントした。

「行動、楽しさ、人、達成感…… 間違いなく、わたしの最初の大きなチャンスでした!」


ジェームズ・フランコも、ドライブスルーの夜のシフトで働いていたのは良い思い出だという。

ジェームズ・フランコ

ジェームズ・フランコ。

Taylor Hill/WireImage/Getty

ドラマ『フリークス学園』や映画『スモーキング・ハイ』で知られるスターは若い頃、演技を学んでいた時期に自身の生活を支えるため、マクドナルドで働いていたという。

「ぼくに分かっているのは、ぼくがマクドナルドを必要とした時、マクドナルドはそこにいてくれたということだ。他に誰もいなかった時に」とフランコはワシントン・ポストに書いた記事の中で述べている。


『きみに読む物語』や『シャーロック・ホームズ』といった映画に出演する前、レイチェル・マクアダムスは3年間、マクドナルドで働いていた。

レイチェル・マクアダムス

レイチェル・マクアダムス。

Charles Sykes/Invision/AP

「わたしは3年間、地元のマクドナルドで働いていました」とマクアダムスは2008年、ニューヨーク・タイムズに語った。

「彼らがどうしてわたしを雇い続けてくれたのか、よく分かりません。ぼんやり、のんびりした感じだったので、店に入ってきた人を『フレンドリーな声』で迎えるためだけにいさせてくれたのかもしれません。わたしは遅かったんです…… お客さんのテイクアウトの袋を用意している間に、列が店の外まで続いてしまうくらい」


ファレル・ウィリアムスはマクドナルドを3度クビになった。

ファレル・ウィリアムス

ファレル・ウィリアムス。

Kevin Winter/Getty Images

「ある時点で彼らはただ、ぼくが役に立たないと気付いたんだ」とウィリアムスはトーク番組『レイト・ナイト・ウィズ・セス・マイヤーズ』で語った。

「ぼくが上手かったのは、チキンナゲットを食べることだけだった」


アマゾンの創業者ジェフ・ベゾスは16歳の時、夏の間だけマクドナルドのグリル担当として働いた。

ジェフ・ベゾス

アマゾンのジェフ・ベゾスCEO。

Andrej Sokolow/picture alliance via Getty Images

「最もチャレンジングだったのは、ラッシュの時間帯に全てを正しいペースで進め続けることだった。わたしが働いていたマクドナルドのマネジャーは極めて優秀だった。彼は自分の下で働く10代の若者をたくさん抱え、わたしたちをどんなときでも集中させてくれた」とベゾスは『Golden Opportunity: Remarkable Careers That Began at McDonald's』の著者コーディー・ティーツに語った。

「真面目に取り組みさえすれば、どんな仕事でも責任感を身につけることができる。ティーンエイジャーとしてマクドナルドで働けば、多くを学べるだろう。学校で学ぶこととは違う。その価値を見くびってはいけない!」


『氷の微笑』や『トータル・リコール』に出演する前、シャロン・ストーンもマクドナルドで働いていた。

シャロン・ストーン

シャロン・ストーン。

Jason Kempin/Getty

IMDbによると、ストーンは若い頃、マクドナルドでカウンターを受け持っていたという。マクドナルドで働きながら、ストーンはテレビCMや広告のモデルをしていた。


リン・マニュエル・ミランダの曲『Delivery』は、自身のマクドナルドで働いた経験にインスパイアされたものだ。

リン・マニュエル・ミランダ

リン・マニュエル・ミランダ。

Frazer Harrison/Getty Images

ミランダはツイートで、「ぼくの初めての仕事はマクドナルドでのレジ係と配達だった。数年後、それだけの価値があった」と語っている。


その歌声で知られるようになる前、ピンクはドライブスルーで働いていた。

ピンク

ピンク。

Mike Coppola/FilmMagic via Getty Images

「わたしが自分で稼ぐことが、わたしの家族にとっては重要だったの。マクドナルドのドライブスルーで働いていたわ」とピンクは2015年、Food & Wineで語った。

「わたしはジャネット・ジャクソンのマイクを持っていたの。わたしには力があったのよ」


シャナイア・トゥエインも10代の頃、歌手としてのキャリアを積みつつ、マクドナルドで働いていた。

シャナイア・トゥエイン

シャナイア・トゥエイン。

Gerardo Mora/Getty Images

「10代の頃、学校が終わったあとにマクドナルドで数年間働いていました。夜はバーで歌いながら」とトゥエインは2017年、Us Weeklyに語った。


『Fine By Me』で知られる歌手のアンディー・グラマーもマクドナルドで働いていた。

アンディー・グラマー

アンディー・グラマー(右)。

Willy Sanjuan/Invision/AP

「ぼくの初めての仕事はマクドナルド…… 悲惨だった!」とグラマーはUs Weeklyに語った。


シールも2週間だけマクドナルドで働いていた。これまでで最悪の仕事だったという。

シール

シール。

AP Photo

「自分が経験した最悪の仕事は、ケンティッシュ・タウンのマクドナルドの仕事だ」とシールは2011年、ガーディアンに語った。

「16歳の時だった。小さすぎる茶色の制服をもらった。最初の給料を受け取るまで2週間は続けて、それから辞めた」


ジェームズ・ダーシーはマクドナルドで働いていた時に銃で脅されたという。

ジェームズ・ダーシー

ジェームズ・ダーシー。

Kathy Hutchins/Shutterstock

「マクドナルドで働いていた時、誰かがぼくに銃を振りかざしたんだ」とダーシーは2012年、Metroに語った。

「ぼくはレジの後ろにいて、誰かがぼくの顔に銃を向けた。その男は誰か別の人間を探しに来たみたいだったけど、その夜、その人物は働いてなかった。男は店に入ってきて、ぼくに銃を向け、走り去っていった」


今やジェダイかもしれないが、マーク・ハミルの初めての仕事はマクドナルドだった。

マーク・ハミル

マーク・ハミル。

Stuart C. Wilson/Getty Images

「少年時代の新聞配達やデパートでサンタの手伝いをしたこと、パペットやマジック、腹話術師の裏方をやったことをカウントしなけば、ぼくの最初の本物の仕事は16歳の時のバージニア州アナンデールにあるマクドナルドでの仕事だ」とハミルはツイッターに書いている


元下院議長のポール・ライアンは政界に入る前、マクドナルドのフライ担当として働いていた。

ポール・ライアン

ポール・ライアン。

Chip Somodevilla/Getty Images

「マクドナルドでハンバーガーをひっくり返していた時は、自分が人生のある場所から抜け出せなくなっているとは考えたこともありませんでした」とライアンは2012年、コロラド州で開かれた選挙集会で語った

「わたしは考えました。自分はアメリカン・ドリームの途中なのだから、どんなふうにでも自分で幸せを探すことができるのだ、と」

[原文:17 celebrities who worked at McDonald's

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み