無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


セールスフォースはSlack巨額買収の効果を示せるか? 2021年に達成すべきこれだけの課題

  • 2020年はセールスフォースにとって波乱の年だった。経営陣の入れ替えに加え、277億ドルという巨額でのSlack買収も発表した。
  • では2021年のセールスフォースの見通しはどうか。専門家に聞いたところ、Slackとの統合に注力し、その額に見合う買収だったと証明する必要があるとの回答だった。
  • また、業界特化型のクラウドの分野ではマイクロソフトやオラクルなどとの競争が激化するだろうと専門家は予測する。

セールスフォースにとって2020年は波乱の1年だった。

今も続くコロナ禍への対応だけでなく、役員にも大きな変化があった。共同CEOのキース・ブロックが2月に退職し、CFOのマーク・ホーキンスが退職する予定を12月に発表したが、その間に他に16人の役員が退職している。

また12月には、セールスフォースにとって最高額の277億ドルでSlackを買収した。「2025年に500億ドル」という新たな成長目標も発表した。これは1月31日に締まる今年度の売上予想の2倍以上だ。

2021年、こうした数々の変化をセールスフォースがどう吸収していくのか、また他にどんな課題があるのか。5人の専門家に聞いた。

Slack買収でSF株は「ペナルティボックス」へ

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み