テスラにとって「GMの株価急上昇、EV強化」が全然脅威にならない理由。マスクCEOの想定内だから

イーロン・マスク メアリー・バーラ

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO、左)とゼネラル・モーターズ(GM)のメアリー・バーラCEO(右)。

REUTERS/Hannibal Hanschke(L) REUTERS/Rebecca Cook(R)

  • 米ゼネラル・モーターズ(GM)は、1月11〜14日にオンライン開催されたテックイベント「CES 2021」で、270億ドル規模におよぶ電気自動車(EV)事業の全容を公開、配送サービスの開始も発表して注目を集めた。
  • GMの株価はここ10年の最高値を更新した。
  • 同社は2025年までにEV30車種を市場投入する計画だが、そうこうしているうちに、競合のテスラはこの1年ほどで時価総額世界トップの自動車メーカーへと躍進した。
  • 両社はいずれ競合として衝突する運命にあるとみる向きもある。

あまりに長い時間がかかったが、ようやくその時が来た。政府による救済措置、連邦破産法第11条(=日本の民事再生法に相当)の適用を経て、市場に復帰して10年。GMの株価はついに成長軌道に乗った。

ブライトドロップ(BrightDrop)」と呼ばれるまったく新しい配送サービスの発表を含め、コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)でのメアリー・バーラCEOによる印象的なプレゼンののち、GMの株価は再上場(2010年11月)後の最高値を更新する50ドル超えを果たした。

同日、新たなコーポレート・アイデンティティ(いわゆるロゴ)をお披露目したのはもちろん偶然ではない。よく知られた大文字の「GM」は小文字に置き換えられ、環境への配慮をより深くイメージさせるブルーグリーンが採用された。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み