米誌ニューヨーカー、編集部門の労組が「給与格差」レポート公表。有色人種の女性は「特に不利益」

ニューヨーカー 雑誌

アメリカの老舗雑誌ニューヨーカー(The New Yorker)の従業員組合が、社内の年収格差是正に取り組んでいる。

Robert Alexander/Getty Images

  • 米誌ニューヨーカーの従業員組合が、大きな給与格差の存在を明らかにする社内調査の結果を発表した。
  • 調査結果は、全社的に不当な低賃金労働がまかり通り、とりわけ有色人種の女性が給与上冷遇されていると結論している。
  • また、20年勤続のプルーフリーダー(校閲担当)の年収が5万7000ドル(約600万円)など、一部の社員が「ロイヤルティ・ペナルティ」をこうむっていることも指摘されている。

サリンジャーやカポーティら世界を代表する作家を生み出してきたアメリカの老舗雑誌『ニューヨーカー』の編集部門の従業員組合は1月19日(現地時間)、社内に大きな給与格差が存在することを明らかにする調査結果を公表した。

同調査結果によると、給与格差は人種、性別、部署、勤務形態など多岐にわたる理由を背景に行われているが、「性別による格差、とりわけ有色人種の女性が受けている不利は大きい」という。

「男性と女性の平均年収の差額は4000ドル(約42万円)。有色人種の従業員については、男女の平均年収差は7000ドル(約74万円)ほどまで広がる」

「有色人種の女性の平均年収は白人女性より低く、しかもその額面は、会社全体の平均年収を下回る他の従業員よりさらに低い」

なお、ニューヨーカーの平均年収は6万4000ドル(約670万円)で、ニューヨーク市内のメディア従事者の平均年収6万7271ドル(約700万円)を5%以上下回る(※マサチューセッツ工科大学「生活賃金カルキュレーター」による試算に基づく)。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み