写真とともに振り返る、アメリカ大統領就任式… バイデン大統領はホワイトハウスへ、トランプ氏はフロリダへ[更新]

バイデン

Alex Brandon/Pool via REUTERS

  • 1月20日正午前(日本時間21日午前2時前)、アメリカのジョー・バイデン大統領とカマラ・ハリス副大統領が宣誓、就任した。
  • 1月6日にトランプ前大統領の支持者らが連邦議会議事堂に乱入する事件が起きて以来、セキュリティーは強化されている。
  • この歴史的な1日を写真とともにチェックしよう。

アメリカでは1月20日朝、トランプ前大統領がワシントンD.C.を正式に離れ、正午前、後任のバイデン大統領が宣誓、就任した。

バイデン大統領の就任式は、トランプ前大統領の不安定な任期と騒々しい移行期間 —— 大統領が選挙での自身の敗北を認めず、5人が死亡した連邦議会議事堂での暴動を扇動した —— の終わりを告げるものだ。

就任式様子はこちら:

以下、就任式当日の様子を時系列で見ていこう:


第46代大統領として、バイデン氏はホワイトハウスに入った。

バイデン

Chip Somodevilla/Getty Images

バイデン氏は20日午後、大統領として正式にホワイトハウスに入った。ハリス副大統領もすぐにこれに続いた。

アメリカでは、就任式の前に大統領が次期大統領をホワイトハウスに招待し、次期大統領が日々のブリーフィングと国の安全に関わる情報を受け取れるようにするのが伝統となっている。

ところが、トランプ大統領は選挙での自らの敗北を認めず、重要なブリーフィングを遅らせただけでなく、事前にホワイトハウスにバイデン氏を招待することもしなかった。就任式を待たずにトランプ大統領がフロリダへ去る前に2人が会ったり、話したりすることはなかった。


ハリス副大統領と夫のエムホフ氏ら家族もペンシルベニア大通りを歩いた。

ハリス一家

REUTERS/Erin Scott


バイデン一家はホワイトハウスへと歩いた。

バイデン一家

REUTERS/Callaghan O'Hare

バイデン大統領は家族とともに、ホワイトハウスに向かってペンシルベニア大通りを歩いた。就任式の実行委員会は、恒例の対面形式のパレードの代わりにバーチャル形式のパレードを実施した。


バイデン大統領とハリス副大統領、元大統領と元ファーストレディーたちは、無名戦士の墓での式典に出席した。

バイデン、ハリス

無名戦士の墓に献花するバイデン大統領とハリス副大統領。

Chip Somodevilla/Getty Images


バイデン氏は大統領として初めてのツイートを投稿した。

就任式

AP Photo/Andrew Harnik, Pool

ツイッターの大統領の公式アカウントは、バイデン政権の手に渡った。

「わたしたちが直面する危機に取り組むのに、無駄にする時間はない」とバイデン大統領は20日、新たなツイッターアカウント「@POTUS」からつぶやいた。


バイデン氏の支持者はワシントンD.C.で大統領就任を祝った。

バイデン支持者

Spencer Platt/Getty Images


バイデン氏の大統領就任式が行われる中、抗議する人々も連邦議会議事堂に集まった。

デモ

Eliza Relman/Insider

小規模なグループが、「中絶反対」「神が救う」などと書かれたサインを持って議事堂の建物の北側に集まっていた。バイデン氏やハリス氏について攻撃的な言葉を叫ぶ人もいた。


桂冠詩人のアマンダ・ゴーマン氏が感動的な詩を朗読した。

アマンダ・ゴーマン

Alex Wong/Getty Images

「わたしたちは未来を見つめ、歴史はわたしたちを見つめる」とした22歳の桂冠詩人アマンダ・ゴーマン氏の歴史的なスピーチは大きな話題となった。


ガース・ブルックスが『アメイジング・グレイス』を歌った。

ガース・ブルックス

Drew Angerer/Getty Images


「事実そのものが操作され、作られるような文化をわたしたちは拒否しなければならない」とバイデン大統領は語った。

バイデン大統領

Patrick Semansky/Pool via AP

「わたしたち全員で新たなスタートを切ろう。もう一度、お互いの話に耳を傾け、お互いを見つめ、お互いに敬意を示そう」とバイデン大統領は就任演説で語った。

「政治は必ずしも、立ちはだかる全てのものを破壊する燃えさかる炎である必要はない。あらゆる意見の相違が全面戦争の原因である必要はない。そして、わたしたちは事実そのものが操作され、作られるような文化を拒否しなければならない」

「意見の相違を分裂に導いてはならない」

「わたしは全てのアメリカ人の大統領になると誓う。わたしを支持してくれた人だけでなく、支持しなかった人のためにも同じように懸命に戦うと約束する」

そう語ったバイデン大統領は「この赤(共和党)と青(民主党)、地方と都市、保守とリベラルを戦わせる無意味な争い」を終わらせようと呼びかけ、「心をかたくなにする代わりに魂をオープンにすれば、わたしたちにはそれができる」と語った。

大統領はまた、アメリカの国際的な同盟関係を「修復」するよう取り組むとも語った。

「わたしたちは力を示すだけでなく、模範となることで世界をリードしていく」


宣誓就任を終えると、バイデン一家は抱き合った。

バイデン一家

Drew Angerer/Getty Images


バイデン氏はジョン・ロバーツ最高裁長官を前に就任宣誓を行った。使用した聖書はバイデン家に伝わるものだ。

ジョー・バイデン

Saul Loeb/Pool via REUTERS

大きな聖書だった。


歌手ジェニファー・ロペスは『This Land Is Your Land』と『America, The Beautiful』を披露。

ジェニファー・ロペス

Rob Carr/Getty Images


カマラ・ハリス氏が最高裁判事ソニア・ソトマイヨール氏の前で宣誓し、副大統領に就任した。ハリス氏が使用した聖書は、伝説的な最高裁判事サーグッド・マーシャルが所有していたものだ。

カマラ・ハリス

Saul Loeb/Pool Photo via AP


バイデン氏の長年にわたる支持者、レディー・ガガが国歌斉唱を務めた。

レディー・ガガ

Rob Carr/Getty Images

国歌斉唱の様子はこちら:

バイデン氏とレディー・ガガは、バイデン氏が副大統領だった時に大学キャンパスにおける性的暴力に反対するキャンペーンで協力した

2016年のアカデミー賞授賞式では、バイデン氏がレディー・ガガの曲紹介をしている。


ペンス副大統領とセカンドレディーのカレン・ペンス氏は就任式に出席した。

ペンス夫妻

Rob Carr/Getty Images

ペンス副大統領の他、ミッチ・マコネル上院院内総務やケビン・マッカーシー下院院内総務といった共和党の重鎮も複数、バイデン氏の大統領就任式に出席した。

マコネル氏とマッカーシー氏はトランプ大統領の退任式典を欠席し、バイデン氏らとともに教会のミサにも出席した。ペンス氏はロジスティック上の問題でトランプ大統領の退任式典を欠席した。


トランプ大統領がフロリダに到着。

トランプ

支持者らに車の中から手を振るトランプ大統領(2021年1月20日、フロリダ州ウェストパームビーチ)。

REUTERS/Marco Bello


元大統領や元ファーストレディーも就任式に出席した。

オバマ夫妻

オバマ元大統領とミシェル夫人。

Alex Wong/Getty Images

元大統領のバラク・オバマ氏と元ファーストレディーのミシェル・オバマ氏の他、ビル・クリントン氏、ヒラリー・クリントン氏、ジョージ・W・ブッシュ氏、ローラ・ブッシュ氏が就任式に出席した。


最高裁判事らも会場に到着。

ブレット・カバノー、エイミー・コニー・バレット

会場に到着した最高裁判事のブレット・カバノー氏とエイミー・コニー・バレット氏。

Win McNamee/Getty Images

トランプ大統領が指名した最高裁判事のカバノー氏とバレット氏も大統領就任式に出席した。


トランプ大統領の最も忠実な支持者の1人、ジム・ジョーダン下院議員(オハイオ州選出)も就任式に出席した。

ジム・ジョーダン

Graeme Jennings-Pool/Getty Images


ある連邦議会議員によると、自身を含め複数の民主党下院議員がジャケットの下に防弾チョッキを着ていたという。

ナショナル・モール

就任式を前に、ナショナル・モールは旗で飾り付けられていた。

Stephanie Keith/Getty Images


トランプ大統領の最も忠実な擁護者の1人、テッド・クルーズ上院議員(テキサス州選出)もバイデン氏の大統領就任式に出席した。

テッド・クルーズ

Drew Angerer/Getty Images


バイデン氏の車列は午前10時30分頃、連邦議会議事堂に到着した。

会場

AP Photo/Susan Walsh, Pool


元下院議長のポール・ライアン氏もバイデン大統領の就任式に出席。

ポール・ライアン

Andrew Harnik/AP Photo


数千人規模の兵士や法執行機関の職員が連邦議会議事堂の警戒に当たっていた。高さ8フィート(約2.4メートル)のフェンスが周囲に張り巡らされている。

議事堂

Dave Levinthal/Business Insider


トランプ大統領がエアフォース・ワンで去った後、次期大統領のジョー・バイデン氏と妻のジル・バイデン氏、次期副大統領のカマラ・ハリス氏と夫のダグ・エムホフ氏はセント・マシュー大聖堂のミサに出席した。

ミサ

2021年1月20日、セント・マシュー大聖堂。

Chip Somodevilla/Getty Images


トランプ大統領とメラニア夫人は手を振り、別れを告げた。

ドナルド・トランプ、メラニア・トランプ

エアフォース・ワンに乗り込むトランプ大統領とメラニア夫人。

Manuel Balce Ceneta/AP

アンドルーズ空軍基地でフランク・シナトラの『マイ・ウェイ』が大音量で流れる中、トランプ一家はフロリダへ出発した。


「我々は普通の政権ではなかった」とトランプ大統領は自身の成果を強調する短い演説の中で語った。

ドナルド・トランプ

2021年1月20日、アンドルーズ空軍基地。

Manuel Balce Ceneta/AP

選挙集会でも好んで使用していた曲の1つ、ヴィレッジ・ピープルの『YMCA』が大音量で流れる中、トランプ大統領は「良い人生を。すぐにまた会おう」と語った。

演説の中でトランプ大統領はペンス副大統領(式典を欠席)に感謝し、バイデン氏の名前を口にすることなく、次の政権の幸運を祈った。

メドウズ氏や出席者に別れを告げると、トランプ一家は大統領専用機「エアフォース・ワン」に乗り込み、フロリダへと向かった。


アンドルーズ空軍基地では、トランプ大統領の家族や大統領の首席補佐官マーク・メドウズ氏を含む群衆がトランプ大統領を待っていた。

トランプ一家

2021年1月20日、アンドルーズ空軍基地。

REUTERS/Carlos Barria


マリーン・ワンはワシントンD.C.を1周して去っていった。

マリーン・ワン

トランプ大統領を乗せたマリーン・ワン(2021年1月20日)。

REUTERS/Allison Shelley

トランプ大統領の家族らもマリーン・ワンでホワイトハウスからアンドルーズ空軍基地へと移動した。


午前8時15分頃、トランプ大統領とメラニア夫人がマリーン・ワンに乗り込むため、サウスローンを歩いた。わずかばかりの報道陣が2人を見送った。

トランプ大統領、メラニア夫人

2021年1月20日、ホワイトハウス。

REUTERS/Leah Millis


午前8時前、トランプ大統領をアンドルーズ空軍基地へと運ぶため、大統領専用ヘリ「マリーン・ワン」がホワイトハウスのサウスローンに着陸した。

マリーン・ワン

マリーン・ワンに箱を運ぶホワイトハウスのスタッフ。

AP Photo/Alex Brandon

アンドルーズ空軍基地でのトランプ大統領の退任式典は約30分ほど遅れた。

[原文:After being sworn in, Biden pledges to 'be a president for all Americans'

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み