2021年「上昇気流に乗る自動車関連8社」ドイツ銀行のアナリスト3人が推奨。サプライヤーも2社

prime_deutchebank_top

ドイツ銀行は自動車産業の2021年見通しについて、電動化や自律化など「自動車2.0」トレンドが続くとみる。

REUTERS/Agustin Marcarian

  • ドイツ銀行が、2021年に注目する自動車関連銘柄8社を選び、レポートで紹介している。
  • うち6社は電気自動車(EV)と自動運転車(AV)の台頭に恩恵を受ける企業だ。
  • バンク・オブ・アメリカが1月18日に公表したレポートと比較すると興味深い。

自動車メーカーもテック企業も、過去10年の間に数十億ドルという資金を自動車の電動化や自動運転技術の開発につぎ込んできた。

昨今の自動車産業について投資判断するときは、そうしたトレンドのなかで、より資金調達の容易なポジションにつけている企業に注目すべきだ —— ドイツ銀行のアナリストたちはそう指摘する。

そうした観点から、エマニュエル・ロズナー、エディソン・ユー、コナー・ウォルターズの3人は1月20日、2021年に注目する自動車産業の銘柄をレポートで発表している。

「『自動車2.0』(電動化、自動運転、コネクティビティ)は2021年、引き続き最も強力な投資トレンドであり続ける」(上記レポートより)

アナリストたちが2021年の注目株として挙げた6社のうち、6社はEVやAVの普及から恩恵を受ける企業。また、リストアップされたうちの2社はEV、ガソリン車を問わず部品を供給するサプライヤーだ。自動車需要の回復や政府による追加的な景気刺激策は、両社に利益をもたらすことになる。

では、ドイツ銀行が選んだ自動車関連銘柄6社を紹介しよう。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み