無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


三菱UFG「半年で3人目」海外大手金融から幹部人材引き抜く。コロナ禍でも業務純益1.15兆円の強さ

prime_MUFG_poaching

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が海外金融大手からの人材登用を進めている。同グループの業績はコロナ禍にもかかわらず、2020年度通期で1兆1500億円の業務純益(営業利益に相当)を見込む。

JHVEPhoto/Shutterstock.com

  • コロナ禍でも業績好調の国内金融最大手・三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が、アメリカ債券市場における事業拡大戦略の一環として、新たに幹部人材を採用した。
  • MUFGは1月第4週(17〜23日)、カナダロイヤル銀行(RBC)の投資銀行部門からトッド・ボンディを引き抜き、ハイイールド債券部門のトップに据えた。
  • MUFGは2020年夏にもフロー商品トレーディング部門のトップ2人を他社から引き抜いている。

アメリカ債券市場での事業拡大を目指して投資を続ける三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が、次の一手をくり出した。

業界に詳しい関係者によると、MUFGは投資銀行RBCキャピタル・マーケッツからトッド・ボンディを引き抜き、ハイイールド(ジャンク)債部門のトップに据えた。

ボンディは1990年代から2000年代にかけて、ゴールドマン・サックスに通算5年、メリルリンチに4年、シタデルでおよそ1年など金融大手で活躍。その後、RBCキャピタル・マーケッツで4年、ハイイールド債券のシニアトレーダーを務め、1月22日に退社した(米金融業規制機構[FINRA]データによる)。

MUFGの広報担当はボンディを採用した事実は認め、RBC広報担当はコメントを拒否した。

ドイツ銀行とモルガン・スタンレーからも

prime_MUFG_canada

カナダ・トロント市内にて。三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、カナダロイヤル銀行の運営本部とに同じオフィスビル入居している。

Postmodern Studio/Shutterstock.com

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み