無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


【佐藤優】なぜ人は「孤独」を感じるのか? 不安を増長させる資本主義の仕組み

masarusato_50

新年を迎えたが、新型コロナウイルス感染症の流行は現在も衰える気配はない。シマオの会社もまた完全にリモートワークに戻り、再び誰にも会わない生活が始まった。慣れたとはいえ、誰とも会わず一日中家で仕事をしていると、ふとした瞬間に寂しさに襲われることがある。

「僕はこのままずっと一人で生きていくのだろうか」

情けないと思いつつも、シマオはそんな心情を佐藤さんに相談した。

BI PRIMEの連載“佐藤優さん、「はたらく哲学」を教えてください”では、新たな試みとして、読者の皆さまからお悩みを募集します。お仕事の悩みはもちろん、人間関係の悩み、プライベートでのモヤモヤなど、どんなことでもかまいません。知の巨人・佐藤優さんへのご相談は、こちらからアンケートフォームへお進みください。

なぜ、人は孤独を感じてしまうのか

シマオ:東京はまた緊急事態宣言が出されましたね。僕の会社もまたリモートワークになって、今は毎日家にいるような状態です。

佐藤さん:新型コロナウイルスの感染は一朝一夕には収まらないでしょうが、ここは我慢のしどころでしょう。

シマオ:家にずっといると、たまに孤独や不安を感じてしまうことがあります。もちろん、友人や会社の人とはオンラインで連絡は取れるんですけど……。最初の緊急事態宣言の頃よりはましな精神状態だと思うんですけど、先の見えない中、ひとりでいると本当に寂しくて。

佐藤さん:コロナ禍で孤独や孤立は非常に大きな問題になっています。特に高齢者の孤独死や引きこもりにつながることもありますから、早急な対策が必要です。

シマオ:佐藤さんも孤独を感じることってあるんですか?

佐藤さん:そりゃあ、512日間独房に入っていたときは文字通り孤独でしたよ。私の場合インドア派ですし、比較的耐性が強いという自負もあります。また本を読むことはできたので、そこまでこたえませんでしたがね。

シマオ:すごいなあ……。でも、逮捕されて友人や仕事仲間がたくさん離れていったとおっしゃっていましたよね。それは寂しかったんじゃないですか。

佐藤さん:とはいえ、本当の友人が5人でも3人でも残ってくれれば、それで十分なんですよ。身もふたもない言い方になるけど、社会人になってからは役に立つ人としか親しくなんてなれませんから。

masarusato_50_ph

「孤独を感じやすいのは、『弱さ』ではなく『耐性』の資質の話」という佐藤さん。

シマオ:佐藤さんはいつもはっきりしてますね。でも、これだけネットも発達した世の中になったのに、なぜ人は孤独を感じてしまうんでしょうか?

佐藤さん:社会の閉塞感があるということが大きな理由だと思います。例えば、日本や韓国は自殺率の高い国だと言われるけど、そもそも自殺する人が多くなるのはなぜだと思いますか?

シマオ:やっぱりお金の悩みとかでしょうか。

佐藤さん:それもあるでしょうが、実は経済的な悩みは表面的なものにすぎません。その実体は「不安」のような心理的な要素が大きいと考えられています。

シマオ:不安といっても、なんだか漠然としていますね。

佐藤さん:「漠然とした不安」は、まさに芥川龍之介が自殺を選んだ理由でした。この心理的理由と自殺の関係を最初に見つけたのが、チェコスロバキア共和国の初代大統領だったトマーシュ・ガリッグ・マサリクという人物だったんです。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み