無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


スマホの魔力が脳をハックする。『スマホ脳』著者が語る、スマホ依存の正体

スマホ脳 著者

2020年11月に刊行された『スマホ脳』と著者のアンデシュ・ハンセン氏。2021年1月には印刷部数22万部を超えるベストセラーとなっている。

撮影:三ツ村崇志

FacebookやTwitterで誰かから「いいね」が付いているかもしれない……。友人からLINEが送られてきているかもしれない……。もしかしたら、緊急のニュースが届いているかもしれない……。

仕事や勉強をしている最中に、こうして思わず手元にあるスマートフォンに手を伸ばしたことがある人は多いだろう。

私たち現代人は、スマートフォンの「魔力」とも言える吸引力によって、どんどん時間を奪われている。

「脳は、『●●かもしれない』という状況が大好きなんです。そこに注意を向けたがる。だから人間は、ギャンブルのように結果が不確実なものが好きなんです。


Facebookの『いいね』も、『いいねがついているかもしれない』という不確実な性質のものです。だからみんな、思わずチェックしてしまう」

こう語るのは、2020年11月の刊行後、すでに22万部を超えるベストセラーとなっている『スマホ脳』の著者、スウェーデンの精神科医アンデシュ・ハンセン氏だ。

生活がスマホに侵食されつつある私たちの身に、いったい何が起きているのか。その秘密をハンセン氏に聞いた。

「人間は気が散りやすいから生き延びられた」

3-3

『スマホ脳』の著者、スウェーデンの精神科医アンデシュ・ハンセン氏。

撮影:三ツ村 崇志

——日本でもスマホの利用時間の長さが問題視されることがあります。なぜ我々は、思わず集中力を切らしてスマホに手を伸ばしてしまうのでしょうか。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み