脱石油素材の雄・スパイバーが250億円資金調達。なぜ融資でも新株発行でもなく「証券化」で調達したのか?

山形県に本拠地を置くバイオベンチャー企業、Spiber株式会社(以下、スパイバー)をご存知でしょうか? 人工タンパク質の開発を行っている同社がこのほど、「事業価値証券化」という耳慣れない金融手法を使って250億円の資金調達を行ったというリリースを発表しました。

スパイバーは、世の中で最も強靭で伸縮性にも富むと言われるクモの糸を人工的に開発することに世界で初めて成功したスタートアップ企業として有名です。未上場ながらも時価総額(※1)は1000億円を超えている、いわゆる「ユニコーン企業」のひとつです。

スパイバーが国内外で注目されている理由は、同社が開発している新素材にあります

ムーン・パーカ

ザ・ノース・フェイスとスパイバーの共同開発プロジェクトで生まれたアイテム「ムーン・パーカ」。表地の素材には構造タンパク質「ブリュード・プロテイン」が使われている。

Koki Nagahama/Getty Images

スパイバーは現在、構造タンパク質素材「Brewed Protein(ブリュード・プロテイン)」を開発しています。人工タンパク質とも言うべきこの素材を用いれば、ポリエステルやナイロンのような石油由来の素材に代わって、現在の合成繊維と同等かそれ以上の性能を持つ材料を製造できる可能性があります。

人工タンパク質は、地球上に多く存在するタンパク質を原料にしていることもあり、脱石油素材の大本命の技術の一つとも言われているわけです(※2)。

2019年には、スパイバーの株主であり、日本における「ザ・ノース・フェイス」の商標権も持つゴールドウインと共同で、ブリュード・プロテインを用いた「ムーン・パーカ(MOON PARKA)」を発表しました。

さらに2020年10月には、同じくスパイバーの株主に名を連ねるアメリカの穀物大手企業アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)から追加で59億円を調達し、ブリュードプロテインの原料の量産工場を建設すると発表しています。

エコ意識の高まりで揺れる繊維素材業界

このように日本が誇るバイオベンチャーとして繊維素材の分野で世界をリードしているスパイバーですが、競合も出てきています。

サンフランシスコ発のスタートアップ企業ボルトスレッズは、酵母を用いて合成したタンパク質のシルク繊維「マイクロシルク(MICROSILK)」を開発して話題になりました。2020年には、菌から作った人工レザー「マイロ(MYLO)」の開発に関して、アディダスやケリング(グッチ等のブランドを有する企業)を含む4社との戦略的パートナーシップを発表。2021年の商品化を計画しています。

スパイバーのブリュード・プロテインによる脱石油、ボルトスレッズによる脱レザー——いま繊維素材業界では、地球の環境や持続可能性を踏まえた新たな動きが急速に進んでいます。このような競争環境では、ライバル企業に先んじて製品化し、量産することがビジネスの面においても非常に重要になってきます。

今回、スパイバーが250億円もの資金調達を行ってアメリカに工場を建設するのはおそらく、ライバルに先んじていち早く量産体制を築くことを狙ってのことなのでしょう。

なぜ銀行の融資で資金調達しなかったのか?

工場を建設して量産体制を整えるためには多額の資金が必要です。このような設備投資では銀行からローンを借り入れることが一般的ですが、スパイバーは今回、借入ではなく「事業価値証券化」という一風変わった金融手法で資金調達をしています。なぜなのでしょうか?

まず、なぜ借入ではなかったのかという疑問については、スパイバーの業績を見てみれば理由が分かります。

スパイバーは画期的な技術を持つ日本有数のユニコーン企業とはいえ、図表1のとおりまだ赤字の状態。黒字化するのはもうしばらく時間がかかりそうです。

図表1

(出所)スパイバー 2019年12月期有価証券報告書より筆者作成。当期純利益は、親会社株主に帰属する利益を用いている。

このように赤字続きの状態では、今回のような250億円もの多額の資金調達について、融資リスクを負える銀行は、現実的にはないでしょう(※3) 。「銀行は冷たいな」と思われるかもしれませんが、お金を貸し出す側にも言い分があります。

銀行は、主に預金者から預かったお金を元手に企業に融資を行っていますから、貸したお金は絶対に返済してもらう必要があります。そうでないと、貸し出した融資が焦げ付き不良債権化してしまうからです。

あまりに不良債権が増えると、預金者が「この銀行は大丈夫か」と不安になり、最悪の場合、取り付け騒ぎにまで発展しかねません。そうなっては困るので、赤字を計上しているような企業にはおいそれと融資はできないのです(※4)。

スタートアップの多くはエクイティで調達

でも、スパイバーをはじめ多くのスタートアップ企業は、事業が軌道に乗るまでは赤字続きであることが少なくありません。成長のためには多額の資金が必要になるのに、銀行から継続的に融資が受けられないのでは困ってしまいますね。

そこで、リスクが大きいスタートアップ企業は多くの場合、ベンチャーキャピタル(VC)やエンジェル投資家、そして事業会社のような投資家に資金を提供してもらうのです。

ここまでのところを整理しておきましょう。

資金調達には大きく分けて2つあります。1つは銀行などから融資(ローン)を受ける形での調達で、これを「デットファイナンス」と言います。もう1つは株式を発行することでVCなどから出資を募る方法で、こちらは「エクイティファイナンス」と呼ばれます。

赤字を掘るようなビジネスを行うスタートアップ企業の多くは、デットファイナンスに頼りにくいため、エクイティでの調達を行うのが一般的です。実際、スパイバーもこれまでエクイティで累計350億円強もの調達を行ってきました。

図表2

筆者作成

スパイバーが思いついた第3の資金調達方法

ところが、です。スパイバーは今回、アメリカに新工場を建てるのに必要な250億円を、エクイティ(株式発行)ではなく「事業価値証券化」という謎の手法を使って調達しました。なぜこれまでのようにエクイティでの調達を行わなかったのでしょうか?

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み