ダボス会議トップが予測する資本主義の未来 。コロナ禍と米新政権は世界経済に何をもたらすのか?

シュワブ会長

2020年のダボス会議の前にスイスで会見するクラウス・シュワブ会長。

Denis Balibouse/ REUTERS

  • Business Insiderは、世界経済フォーラム(ダボス会議)の創設者兼会長クラウス・シュワブ氏に話を聞いた。
  • 氏は最近「ステークホルダー資本主義」に関する新著を出版。バイデン・ハリス政権は世界経済にとり、このステークホルダー資本主義への「最後のひと押し」になるという。
  • 世界経済フォーラムでは現在、世界の基準設定機関や政府の協力のもと、ESG測定指標を開発している。これが広く企業に採用されれば、ESGに対する各社の取り組みが比較できるようになるという。

世界経済フォーラム(ダボス会議)の創設者であり会長のクラウス・シュワブ氏は、毎年スイスのダボスで世界的なリーダーや経営者が集まる華やかな年次総会を主催している。しかし、コロナのパンデミックがそれを変えてしまった。

2021年の年次総会はシンガポールに場所を移すことになり、5月に延期となった。ダボス・アジェンダというオンラインのイベントが1月24日に始まるにあたり、Business Insiderはシュワブ氏に話を聞いた。

アメリカの新たなバイデン・ハリス政権がグローバル資本主義にとって何を意味するのか、気候変動と闘う企業リーダーの重要性などについて、最近「ステークホルダー資本主義」に関する著書を出版したシュワブ氏はどう見ているのだろうか?

バイデン政権が世界経済に意味するもの

Biden

アメリカの「パリ協定復帰」はステークホルダー資本主義にとって歓迎すべきこと、とシュワブ氏は言う。

MANDEL NGAN/AFP via Getty Images

——アメリカでは、今、バイデン政権がアメリカにとってどういう意味があるのかということが話題になっています。新しい政権はグローバル資本主義にとって何を意味しますか?

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み