昭和=組織、平成=個人、では令和は? 2つの“ショック”で幕開けたニューキャリア時代の攻略法

tmb_protean.001

撮影:今村拓馬

コロナ禍の前後では、私たちの働き方や生き方は大きく様変わりしました。テレワークやオンライン会議などの浸透により、働く場所も住む場所も問われなくなってきました。そう、私たちは、ニューノーマルを生きているのです。

しかし、このニューノーマルとは、いったい何を指しているのでしょうか? それはどんな時代なのでしょうか? みなさんは「ニューノーマル」をどう定義しますか?

私はニューノーマルを、「ニューキャリア時代の幕開け」だと捉えています

「個人の時代」の次に来るものは?

私自身は、昭和の時代に生まれ、平成に学びの基礎を固め、平成から令和にかけて働きながらキャリア形成をしています。この3つの時代では、働き方やキャリアに対する考え方も大きく変化してきました。そこでまず、これらをキャリアの視点から整理してみましょう。

昭和は「組織の時代」

1926年から1989年まで続いた昭和は、高度経済成長をもたらした日本経済の成長期。人々が組織の一員としてがむしゃらに働き続けた「組織の時代」であり、組織の中での昇進や昇格に重きが置かれた組織内キャリアの時代でもありました。終身雇用や年功序列といった日本型雇用が確立したのもこの時代です。

平成は「個人の時代」

それに続く平成は「個人の時代」であったと捉えられます。働き方が多様化したことで、フリーランスとして働く人も増えました。いくつかの組織を行き来するように働くことも可能となりました。組織の境界を超えて柔軟に働く「バウンダリーレス」や「パラレル」といった考え方も注目され始めましたね。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み