「パナソニックとLG化学を数年以内に超える」期待の電池ベンチャー5社。自動車アナリストが厳選

prime_battery_five_top

電気自動車(EV)シフトを追い風に、いくつかの電池ベンチャーが飛躍を遂げようとしている。写真は米ゼネラル・モーターズ(GM)ミシガン州の工場、「シボレーボルトEV」の電池取り付け工程。

REUTERS/Rebecca Cook

  • 電気自動車(EV)市場ではコストダウンの取り組みが続いている。
  • 完成車全体のコスト引き下げを目指して、各社による競争の焦点は車載電池に。
  • 低コストのリチウムイオン電池を求めて、グローバル争奪戦が起きている。

気候変動による人類の破滅を回避するため、温暖化ガスを削減するクリーンエナジーの開発導入に向けて世界各国が取り組むなか、ここから数年、電気自動車(EV)の普及が加速しそうだ。これまで目新しい技術や製品とみられてきたEVが、ありふれた存在になる日は近い。

規制当局からのプレッシャーを受け、自動車メーカーはここ数年の間に数十車種のEVを市場投入すべく準備を進めており、計画実現に向けて実績のある電池メーカーとの協業を模索している。

EVの普及は大方の予想より遅れてはいるものの、最近発表された非営利消費者団体コンシューマーズ・ユニオンの調査結果(コンシューマー・レポート)によれば、回答者の71%が内燃機関(エンジン)から電気への移行に関心を示している。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み