無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


完璧な状態で保存された2億年前の恐竜の足跡…英ウェールズの海岸で4歳の少女が発見

ウェールズ南部のベンドリックス湾の近くで、4歳のリリー・ワイルダーが発見した長さ10cmの足跡。2021年1月30日撮影。

ウェールズ南部のベンドリックス湾の近くで、4歳のリリー・ワイルダーが発見した長さ10cmの足跡。2021年1月30日撮影。

Amgueddfa Cymru - National Museum of Wales

  • 4歳の少女がイギリス・ウェールズのビーチで、約2億2000万年前の恐竜の足跡を発見した。
  • その足跡は、2足歩行していた小型で細身の恐竜が残したものである可能性が高い。
  • 専門家は「この10年間に発見された中で、最もよい状態で見つかった恐竜の足跡」と述べている。

4歳の少女が、完璧な状態で保存された約2億2000万年前の恐竜の足跡を発見し、古生物学者を驚かせた。

リリー・ワイルダー(Lily Wilder)がこれを発見したのは1月23日、両親や犬と一緒にウェールズ南部のビーチを歩いていた時のことだった。家族でスーパーマーケットに向かっていた時に、リリーは岩に足跡が刻まれているのを見つけた。

「リリーは、彼女の肩の高さの低い岩の上にあった足跡を見つけて『見て、パパ』と言った」と母親のサリー・ワイルダー(Sally Wilder)はNBCニュースに語った

「彼女はとても喜んでいるけれど、これがどれほどすばらしいことなのかをきちんと理解しているわけではない」

彼らは最初、アーティストがこの長さ10cm強の足跡を岩に刻み込んだのだろうと考えた。

しかし、サリーは同じような足跡が以前にも近くで発見されていたことを思い出し、ソーシャルメディアにその発見を投稿することにした。

「フェイスブック(Facebook)で化石を判別するコミュニティを見つけたので、そこに写真を投稿すると、メンバーはちょっと興奮していた」と彼女はウェールズ・オンラインに語った

その後まもなく、カーディフ国立博物館がワイルダー家に連絡を入れ、職員が足跡のついた岩を採取して博物館に収蔵した。

この足跡を残したのは、体高約75cm、体長2.5mで、2足歩行していた恐竜である可能性が高いと、専門家は考えている。この形の足跡は、グラレーター(3本指の小型の獣脚類の足跡)に分類されるが、具体的にどのような恐竜が残した足跡なのかを正確に判別するのは不可能だ。

ウェールズ・オンラインによると、ウェールズの科学者たちは、この少女が見つけた足跡を「おおそ2億1500万年前の足跡で、イギリスでこの10年間に発見された中で最も状態のいいもの」と言っているという。

「あまりにも完璧で、まさに手付かずのもの。すばらしい足跡だ」と、ウェールズの考古学教育を推進するアケオロジー・カムリのカール=ジェームス・ラングフォード(Karl-James Langford)が述べたと、ウェールズ・オンラインが報じた。

「国際的にも重要なものだと言えるだろう。だからこそ博物館はすぐに採取した。それほど重要なものということだ。過去10年間にイギリスで発見された恐竜の足跡の中で最高のものと言える」と、ラングフォードは付け加えた。

リリーの両親によると、足跡の発見以来、彼女は恐竜に夢中になり、恐竜のおもちゃや模型で遊んでいるという。

カーディフ国立博物館は現在、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で休館中だが、再開したらリリーと彼女のクラスメートを招待するという。

「なにがすごいかというと、リリーの名前が足跡の発見者として博物館で名を残せば、彼女の孫までそれを見に行くだろうということ。さらには何年も何世代も先の人まで。これは本当にすごいこと」とサリーはウェールズ・オンラインに語った。

[原文:Paleontologists stunned by a perfectly preserved dinosaur footprint discovered by a 4-year-old girl

(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み