Clubhouseを使ってみた。10カ月で200万ユーザーを集めた音声SNSは業界の新たな勝者となりうるか?

Clubhouse

Sriram Krishnan; Ben Parr

  • シリコンバレーの最近の流行は、あらゆるトピックについての会話を聞く(そして参加する)ための音声SNSのClubhouse(クラブハウス)だ。
  • この音声アプリはすでに評価額10億ドルとなり、招待制であるにもかかわらず200万人のユーザーを抱えている。
  • Clubhouseは、他のソーシャルメディアで起こったようなネット上のはき溜めになりうる可能性もあり、使用停止の対象になる行為と許容される行為に関し約4000語に及ぶ説明文を掲載している。

私はTwitterを初めて「手に入れた」時のあの瞬間を覚えている。2008年の春、気難しいブロガーであり、TechCrunchの創業者でもあるマイケル・アーリントンと車に乗っていたとき、彼は自分のウェブサイトに記事を載せるたびに、2万人ほどのフォロワーに見てもらえるようにツイッターにリンクを張っていると教えてくれた。

それを聞いた瞬間ハッとした。その時まで、私はTwitterのことを、シリコンバレーの起業家たちが、短いたわいもない会話をするための儲からない遊び道具だと思っていた。しかしすぐに、Twitterが大きな可能性を秘めたメディアツールであることを理解したのである。

実際、数年後、私は本を売るためにツイッターを大いに利用した。しかし、その規模が拡大し、影響力が大きくなるにつれ、有害なある政治家がツイッターを汚すようになったので、それ以来、私はツイッターを使う時間をなるべく制限しようとしてきた。

当時のことが頭に浮かんだ理由は、ここ数日間で、ついに私と私の知り合いの多くが、シリコンバレーの起業家やセレブたちが、世の中のあらゆるものについて延々と音声会話を楽しんでいるというiPhone のアプリである「Clubhouse」に参加したからだ。

コロナ禍に家に閉じこもっているテクノロジーオタク向けにサービスを展開した企業は、急速に成長することができるようだ。Clubhouseは2020年3月から始まったばかりだが、すでに200万人のユーザーを抱えており、これはTwitterが始まって2年後の数字に匹敵する。従業員は10人以下で、1億ドル以上の資金を調達し、10億ドルの価値があると言われている。

たった数分でその有用性を思い知る

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み