2月3日は「立春」。気温変化に注意の1週間【週間天気 2/2~2/8】

forecast.1

2021/02/01 06:13 公開の週間天気予報。2/2~2/8まで。

ウェザーニュース


■この先1週間のポイント■

・あす火曜朝の関東は強風に注意

・週中頃は一時的な冬型の気圧配置に

・3日は立春 気温変化の大きな一週間に

あす火曜朝の関東は強風に注意

forecast.2

2日(火)9時の海面風の予想。

ウェザーニュース

明日2日(火)にかけて低気圧と前線が日本列島を通過します。

関東では明日朝にかけて風や雨が強まる予想です。海沿いを走る電車の遅延など、交通機関に影響が出る可能性があるため、運行情報や交通情報をよくご確認ください。

前線は明日昼頃までには東へ離れ、午後は晴れてくる予想です。

週中頃は一時的な冬型の気圧配置に

forecast.3

2/2~2/7までの週間予想天気図。

ウェザーニュース

前線の通過後は冬型の気圧配置が強まりますが、強い寒気の流れ込みは長続きせず、週後半には冬型の気圧配置が緩む見通しです。現時点で週中頃以降に荒れた天気は予想されていませんが、日本海側では雲が多く、雪の降りやすい空模様が続く見込みです。

太平洋側の地域は高気圧に覆われて晴れる日が多くなる予想です。

>>10日先までの天気・気温(無料)

3日は立春。気温変化の大きな一週間に

前線の通過前と通過後で空気が入れ替わります。前線通過前は南からの暖かな空気に覆われて昼間は春の陽気になり、朝の冷え込みも緩みます。

一方、前線通過後は冬らしい気圧配置に戻るため、朝は冷え込み、昼間もこの時期らしい寒さとなります。2月3日(水)は立春で暦の上では春の始まりですが、体感は逆に寒くなりそうです。

週後半は高気圧が南から日本を覆う気圧配置となるため、西日本や東日本では再び寒さが緩む予想です。

日ごとの変化が大きく、また、晴れる日には一日の中での寒暖差も大きくなります。体調を崩さないようお気を付けください。

>>最適な服装をリコメンド<服装予報>

(文・ウェザーニュース

"ウェザーニュース"より転載(2021年2月1日公開の記事

ウェザーニュースは、株式会社ウェザーニュースが運営する天気専門メディアです。ウェザーニュースアプリでは、高精度な天気予報をはじめ、天気や季節に関する多彩なコンテンツを配信中。

※ウェザーニュース提供の記事に関する注意事項は、転載元ページの「ご利用に際して」をご確認ください。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

汚職の教訓から生まれた「国家公務員倫理規定」とは?

(左から)菅義偉首相、秋本芳徳・前情報流通行政局長、山田真貴子・内閣報道官

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み