無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


エアストリームの最新モデルはオフィス付き…高級キャンピングトレーラーもパンデミック対応

エアストリームの最新モデル「フライングクラウド 30FB オフィス」のワークスペース。

エアストリームの最新モデル「フライングクラウド 30FB オフィス」のワークスペース。

Airstream

  • エアストリームは、ホームオフィスを備えた最新の「フライングクラウド 30FB オフィス」を発表した。価格は10万7500ドル。
  • このキャンピングトレーラーは、パンデミックが生んだ2つのトレンド、キャンピングカー販売とリモートワークの増加を受けて誕生した。
  • ワークスペースには、オフィスチェア、デスク、ホワイトボード付きのキャビネットなどを備えている。

キャンピングトレーラーの老舗ブランド、エアストリーム(Airstream)は、リモートワークがトレンドとなっていることを受け、ホームオフィスを備えたキャンピングカーの最新モデル「フライングクラウド 30FB オフィス(Flying Cloud 30FB Office)」を発表した。価格は10万7500ドル(約1130万円)。

COVID-19のパンデミック以前からエアストリームはノマドワーカーやリモートワークをしている顧客をターゲットにする方法を模索していたと、同社の社長兼CEOであるボブ・ウィーラー(Bob Wheeler)は2020年9月にInsiderに語っていた。パンデミックにより、この動きが加速することになったという。

エアストリームがInsiderに語っていた計画の1つは、キャンピングトレーラーのフライングクラウドをアップグレードし、ノマドワーカーにとってより使い勝手のいい間取りにすることだった。あれから4カ月以上を経て、ついに「フライングクラウド 30FB オフィス」が発表された。

同社は2020年にもキャンピングカーをいくつか発売しており、6月に発売されたフライングクラウドもその1つだ。だが、最新の30FB オフィスはそれらとは異なり、十分なデスクスペースを備えた「どこでも仕事ができる」間取りになっている。

以下ので詳しく見てみよう。


エアストリームによると、パンデミックで生じた「旅行スタイルの変化」と、現在キャンピングカーを所有し、そこでリモートワークをしているオーナーの声を受けて、30FB オフィスが設計されたという

エアストリームの最新モデル「フライングクラウド 30FB オフィス」の外観。

エアストリームの最新モデル「フライングクラウド 30FB オフィス」の外観。

Airstream

Airstream


その結果、30FB オフィスは、COVID-19をきっかけに生まれた2つのトレンドである「キャンピングカー販売の増加」と「場所を選ばず働く」という新たな動きに当てはまることになった

エアストリームの最新モデル「フライングクラウド 30FB オフィス」の外観。

エアストリームの最新モデル「フライングクラウド 30FB オフィス」の外観。

Airstream

Airstream


30FB オフィスは、コーナーに2段ベッドがあるタイプのフライングクラウド 30FBのデザインを変更したもので、ベッドの替わりにワークスペースを配置している

エアストリームの最新モデル「フライングクラウド 30FB オフィス」の間取り。

エアストリームの最新モデル「フライングクラウド 30FB オフィス」の間取り。

Airstream

Airstream


「パンデミックによって従来の仕事のスタイルがすっかり変わってしまったが、今の時代のニーズを満たすキャンピングカーを妥協することなく開発し、提供できることに喜びを感じている」とウィーラーは声明で述べた

エアストリームの最新モデル「フライングクラウド 30FB オフィス」の間取り。

エアストリームの最新モデル「フライングクラウド 30FB オフィス」の間取り。

Airstream

Airstream


オフィスチェアはデスクに収まるようになっており、ワークスペースをレジャーや就寝のためのスペースとして利用することもできる

エアストリームの最新モデル「フライングクラウド 30FB オフィス」の間取り。

エアストリームの最新モデル「フライングクラウド 30FB オフィス」の間取り。

Airstream

Airstream


走行中に、オフィスチェアが転がらないように、ストラップで固定できる

エアストリームの最新モデル「フライングクラウド 30FB オフィス」のワークスペース。

エアストリームの最新モデル「フライングクラウド 30FB オフィス」のワークスペース。

Airstream

Airstream


デスクは収納ユニット付き。プライバシーを確保するための仕切りも

エアストリームの最新モデル「フライングクラウド 30FB オフィス」のワークスペース。

エアストリームの最新モデル「フライングクラウド 30FB オフィス」のワークスペース。

Airstream

Airstream


リモート会議中に静かな環境を確保するための遮光カーテンも

エアストリームの最新モデル「フライングクラウド 30FB オフィス」のインテリア。

エアストリームの最新モデル「フライングクラウド 30FB オフィス」のインテリア。

Airstream

Airstream


デスク周りをすっきりさせたいなら、2つの配線孔を使ってケーブル類を収納できる

エアストリームの最新モデル「フライングクラウド 30FB オフィス」のワークスペース。

エアストリームの最新モデル「フライングクラウド 30FB オフィス」のワークスペース。

Airstream

Airstream


ノートパソコンやスマートフォンの充電についても心配は無用だ

エアストリームの最新モデル「フライングクラウド 30FB オフィス」の外観。

エアストリームの最新モデル「フライングクラウド 30FB オフィス」の外観。

Airstream

Airstream


デスクにはUSBポートとACコンセントがあり、1000wのインバータから電力が供給される

「フライングクラウド 30FB オフィス」のワークスペース。ベッドをセットした状態。

「フライングクラウド 30FB オフィス」のワークスペース。ベッドをセットした状態。

Airstream

Airstream


テーブルを引き出して作業スペースを増やすこともできる

「フライングクラウド 30FB オフィス」のインテリア。

「フライングクラウド 30FB オフィス」のインテリア。

Airstream

Airstream


メモするのが好きな人にとっては、ホワイトボードとしても利用できるキャビネットの扉が便利だろう。キャビネット下にはLEDライトもついている

2021年型エアストリーム最新モデル「フライングクラウド30FBオフィス」のワークスペース。

「フライングクラウド 30FB オフィス」のワークスペース。

Airstream

Airstream


衛星放送チューナー、ブルーレイプレーヤー、HDMI端子を備えたディスプレイも

2021年型エアストリーム最新モデル「フライングクラウド30FBオフィス」の内装。

「フライングクラウド 30FB オフィス」のインテリア。

Airstream

Airstream


デスクスペースやアメニティは一新されたが、キャンピングカーとしてもこれまでのフライングクラウドと同等の機能を備えている

2021年型エアストリーム最新モデル「フライングクラウド30FBオフィス」の外観。

「フライングクラウド 30FB オフィス」の外観。

Airstream

Airstream


例えば、キッチンにはこれまで通り、冷蔵庫、オーブン、電子レンジが付いている

2021年型エアストリーム最新モデル「フライングクラウド30FBオフィス」の内装。

「フライングクラウド 30FB オフィス」のインテリア。

Airstream

Airstream


トイレ、シャワー、洗面台を備えたバスルームもある

2021年型エアストリーム最新モデル「フライングクラウド30FBオフィス」のバスルーム。

「フライングクラウド 30FB オフィス」のバスルーム。

Airstream

Airstream


クイーンベッドの他に、ダイニングスペースなどをベッドに組み替えることで、最大6人が就寝できる

2021年型エアストリーム最新モデル「フライングクラウド30FBオフィス」の内装。

「フライングクラウド 30FB オフィス」のインテリア。

Airstream

Airstream


「パワープラス&ソーラーパッケージ」のオプションを付けると、さらに行動の自由度が増す

2021年型エアストリーム最新モデル「フライングクラウド30FBオフィス」の内装。

「フライングクラウド 30FB オフィス」のインテリア。

Airstream

Airstream


30FB オフィスの車両のみの重量は約3トン、荷物や乗車人員を含めた車両総重量は約4トンになる

2021年型エアストリーム最新モデル「フライングクラウド30FBオフィス」のバスルーム。

「フライングクラウド 30FB オフィス」のバスルーム。

Airstream

Airstream


SUVやピックアップトラックで牽引することができる

2021年型エアストリーム最新モデル「フライングクラウド30FBオフィス」の外観。

「フライングクラウド 30FB オフィス」の外観。

Airstream

(編注:日本の法規では、トレーラーの重量によってはけん引免許が必要です。また公道を通用できるトレーラーの全長、全幅にも制限があります)

Airstream


フライングクラウド 30FB オフィスの価格は10万7500ドル(約1130万円)で、現在、注文を受け付けている

2021年型エアストリーム最新モデル「フライングクラウド30FBオフィス」のダイニングセットをベッドに組み替えた状態。

「フライングクラウド 30FB オフィス」のダイニングセットをベッドに組み替えた状態。

Airstream

Airstream

[原文:Airstream has unveiled a $107,500 RV with a full office for remote work — see inside the Flying Cloud 30FB Office

(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

219021134_827108451309823_1760150731381378736_n(1)

副業ブームの今、大企業を辞めて私があえて専業ライター選ぶ理由

  • りょかち [ライター/コンテンツプランナー]
  • Aug. 04, 2021, 07:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み