べソスの後任、アンディ・ジャシー。AWSを400億ドルのビジネスに成長させた男の経営手腕とは?

アンディ・ジャシー

Mike Blake/Reuters; Joshua Roberts/Reuters; Skye Gould/Insider

  • ジェフ・ベゾスの後任としてアンディ・ジャシーがアマゾンのCEOに選ばれ、今期第3四半期に交代する。
  • ジャシーはAmazon Web Services のCEOとしてAWSを400億ドル規模のビジネスに成長させた。
  • Insiderは、十数人の現役社員と元社員にジャシーのリーダーシップについて話を聞いた。彼らによると、ジャシーは、積極的に攻めの姿勢を貫く、顧客を中心とした考え方の持ち主だという。

Amazon Web Services(AWS)のアンディ・ジャシーCEOが大きな決断をするときは、たいてい「Chop(チョップ)」で決められる。

Chopとは、もともとはジャシーが大学時代に読んだ本『Charterhouse of Parma(邦訳:パルムの僧院)』の略からとった、アマゾンのシアトル本社の彼のオフィス横にある会議室の名前だった。しかし、そのうちジャシーが主催する重要なブレスト会議や事業計画を決めるための会議がChopと呼ばれるようになった。

Chopは大きな提案や、時には社員が小さく切り刻まれる場所でもある。

「アンディとChop会議をするなら、よく準備しておいた方がいい」と、ある元アマゾン幹部はInsiderに語った。

「彼は自分のチームに多大な信頼を寄せていますが、彼とのミーティングには最大限の注意と準備をしなければなりません。もし準備が不十分なら、彼は100マイル先から血の一滴の匂いを嗅ぎつけてくるサメのような存在になるでしょうから」

コロナ禍のため、オンラインで開催された最近のChop会議で行われた大きな決定は、アマゾンのクラウドホスティングサービスからソーシャルメディアアプリのParler(パーラー)を切り離すよう呼びかけたことだった。

アマゾンは最終的にParlerを禁止することを決定した。コンテンツ管理ポリシーの緩さにより極右の過激派から多大な支持を集めているこのアプリが、暴力的なコンテンツを制限するのに十分なことをしていなかったからだ。

Parlerを禁止することで、アマゾンは、言論に対するテック業界の力と影響力をめぐる議論に火をつけた。このことで、ジャシーのインターネットへの絶大な影響力が明らかになったと同時に、社歴24年のベテラン社員であり、AWSのトップとしてアマゾンの中でも屈指の有力幹部という存在が、新たに人々の関心を集めることとなった。

「AWSとジャシー、彼らはゲートキーパーです」と、ウェドブッシュ証券のアナリストであるダン・アイブスはInsider に語る。「ジャシーは、クラウドやテック業界だけでなく、ビジネス界でも最も強力なリーダーの一人なのです」

アマゾンの最古参幹部の一人であり、CEO のジェフ・ベゾスの側近でもあるジャシーだが、テック業界以外ではまだあまり知られていない。

2021年1月に53歳になったばかりのジャシーと一緒に仕事をしたことがある人たちは、彼のことを「本当にいい人で、部下に大きな期待を寄せ、彼らが次々と挑戦することを望んでいる人だ」と評価する。

ジャシーは、インターネット経済の多くの原動力となっているAWSの役割と、AWSがクラウド市場でトップに立ち続けるための自分の役割についてとても真剣に考えている。

彼の控えめな態度は、彼のすばらしい業績の数々からは想像するのは難しい。アマゾンが上場を果たした1997年に入社したジャシーは、すぐに出世し、一時はベゾスの最初の「影」のアドバイザーを務めたこともあった。彼は、過去3年間で2000万ドル以上の報酬を得ており、この水準はアマゾンでもトップクラスだ。

400億ドルの収益を生み出すAWS

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み