地球温暖化と北方領土問題の意外な関係? 地政学×経営学で2021年の世界情勢を考える【音声付・入山章栄】

経営理論でイシューを語ろう

撮影:今村拓馬、イラスト:Valenty/Shutterstock

今週も、早稲田大学ビジネススクールの入山章栄先生が経営理論を思考の軸にしてイシューを語ります。参考にするのは先生の著書『世界標準の経営理論』。ただし、本連載はこの本がなくても、平易に読み通せます。

地政学者のイアン・ブレマーが率いるユーラシア・グループが1月に「2021年の10大リスク」を発表しました。いずれも国際政治の行方に大きく影響を及ぼしそうなトピックが並ぶなか、入山先生はどんなことを考えたのでしょうか?

【音声版の試聴はこちら】(再生時間:6分40秒)※クリックすると音声が流れます


こんにちは、入山章栄です。

この連載では毎回、記事の最後に読者の方への「お題」を出しています。少し前のお題になりますが、「2021年に仕事で成し遂げたいこと、または変えたいことは何ですか」という問いかけに対して、ハンドルネーム「いちうま」さんが、こんな回答を寄せてくださいました。

いちうまさん

いちうまさん

仕事で成し遂げたいのは「既存知と既存知の新しい組み合わせ」が生まれる仕組みをつくること。変えたいことは、自分の弱点は「社外のネットワークづくり」だと思うので、コロナ禍ですが、なんとか頑張ること(笑)。

(HN:いちうま/50代以上/男性/メディア関連企業の社長)


確かにこのご時世、社外のネットワークづくりは難しいのですが、最近はZoomやTeamsなどオンラインで集まる仕組みもあります。最近なら、音声SNSのClubhouseも面白いですよね。

例えば、僕の『世界標準の経営理論』という本を題材にした有志の方による勉強会などもオンライン上で開かれています。オンラインなら場所を問いませんから、この本に興味のある人たちが日本中から集まれる。こんなふうにオンラインだからこそできる人脈づくりに、チャレンジしてもいいかもしれませんね。

地政学的なリスクが高まっている

さて、Business Insider Japan編集部の常盤亜由子さんから、次のようなお題が届きました。

BIJ編集部・常盤

BIJ編集部・常盤

2021年1月、イアン・ブレマー率いる地政学専門のコンサルティング会社であるユーラシア・グループが「2021年の10大リスク」を発表しました。1位は「米国第46代大統領」ですが、ランクインしているそれ以外の項目を見ても、地政学的にかなり混沌とした世界が広がっている気がします。先生はこれをどうご覧になりますか?

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み