無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「古い世代のブランド」米ヤフーニュースが“TikTok戦略”で復活を遂げた理由。フォロワーは100万人突破

prime_yahoo_tiktok_top

ヤフーニュースのTikTokアカウント。スーバーボウルとコロナ感染に関する投稿。

Screenshot of TikTok(@yahoonews)

  • 米ヤフーニュースは最近、ショートムービーアプリ「TikTok(ティックトック)」で100万人のフォロワーを獲得した。
  • 同社の成功は、TikiTokプラットフォームにおける、ニュースコンテンツへの興味関心の高まりを示している。
  • Insiderは、ヤフーニュースのTikTokアカウント運営チームに取材し、戦略の目指すところを聞いた。

1月6日、ショートムービーアプリ「TikTok」で、米ヤフーニュースの投稿がバズりまくった。

アカウント運営チームは当日、米ジョージア州の上院議員選挙の決選投票と、上下両院本会議での大統領選挙の結果確認を中心に報じる計画だった。ところが、連邦議会議事堂への乱入事件が発生して状況は一変。

関連のニュースが次々届くなか、突発案件担当エディターのジュリア・マンスロウ(24歳)は自宅マンションから、TikTokアカウントを通じたニュース報道の調整役を務めた。

アカウント運営チームは、議事堂から退避した上院議員のクリップ動画や、議事堂に殺到する暴徒らの様子を撮影した静止画をTikTokに投稿。催涙ガスを浴びた女性のインタビューは3100万PV(ページビュー)を獲得するなど、ヤフーニュースは結局1日で35本ものショートムービーを投稿した。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み