無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アメリカの刑務所の食事は、食べるのを拒否する囚人がいるほど…「Qシャーマン」はオーガニック食を要求

「Qアノンのシャーマン」ことジェイク・アンジェリはワシントンD.C.の留置場でオーガニック食品を食べることができるようになった。

「Qアノンのシャーマン」ことジェイク・アンジェリ(右)はワシントンD.C.の留置場でオーガニック食品を食べることができるようになった。左は「ニュートラローフ」。

AP Photo/Andy Duback, Win McNamee/Getty Images

  • 裁判官は、ワシントンD.C.の刑務所に対し「Qアノンのシャーマン」ことジェイク・アンジェリにオーガニック食品を食べさせるよう命じた。
  • アンジェリは、信仰上の理由で通常の留置場の食事を摂ることを拒否し、1週間で約9kg痩せたと言われている。
  • アメリカの留置場や刑務所の悪名高い食事を拒否したのは、アンジェリだけではない。

「Qシャーマン」として知られる極右陰謀論者のジェイク・アンジェリ(Jake Angeli)はオーガニック食品しか口にしないことから、ワシントンD.C.の留置場で1週間にわたって食事を摂らず、約9kg痩せたと弁護士が語っている

2021年1月6日、連邦議事堂で「フリーダム」と叫ぶアンジェリ。

2021年1月6日、連邦議会議事堂で「フリーダム」と叫ぶアンジェリ。

Win McNamee/Getty Images

1月9日の司法省の発表によると、1月6日に議会議事堂を襲撃したアンジェリは、治安を乱すような行為や暴力的な不法侵入、議事堂内での違法な滞在によって起訴された。

アンジェリは「極度に厳格な食事制限」のため、留置場で提供された食事を拒否した。

だが「彼の実践する厳格なオーガニック食に沿った食事」をできるようになるだろうと、アリゾナ州地区の連邦保安官デビッド・ゴンザレス(David Gonzales)がABC15に語った

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み