ロシア、衛星インターネットサービス利用に罰金…管理できない通信手段は大きな脅威に

イーロン・マスク

イーロン・マスクのスペースXは何百もの衛星を打ち上げている。

Joe Skipper/Reuters

  • ロシアの国民と企業は、スペースXのスターリンク衛星によるインターネットサービスを使用すると罰金を科される可能性がある。
  • アナリストのジョン・バーンはInsiderに対し、ロシアにとってはスターリンクよりも国民に罰金を科す方が簡単だと語った。
  • 「政府の支配は宇宙までは及ばないので、衛星が状況を変える可能性がある」とバーンは述べた。

ロシア政府はイーロン・マスク(Elon Musk)が所有するアメリカの企業、スペースX(SpaceX)が開発したスターリンク(Starlink)衛星インターネットサービスを使用した個人および企業に罰金を科す可能性があると、ロシア国内で報じられている

この新たな法律は、ロシアの下院にあたる国家院(State Duma)が提案したもので、国民がスターリンク衛星を通じてインターネットにアクセスするのを阻止しようとするものだ。

同衛星サービスを利用した罰金は、個人ユーザーで1万ルーブルから3万ルーブル(約1万4000円から4万2000円)、法人の場合最大100万ルーブル(約140万円)支払わなければならない、とポピュラー・メカニクス(Popular Mechanics)は伝えている。

ロシアでのこうした報道を受け、マスクは「我々はただ、人々を火星へ連れて行こうとしているだけ。協力してもらえると非常にありがたい」とツイートした

我々はただ、人々を火星へ連れて行こうとしているだけ。協力してもらえると非常にありがたい

スペースXは1月31日(現地時間)に、記録破りの143基という衛星を軌道に打ち上げ、最大4万2000基のスターリンク衛星で地球を覆って高速インターネットを提供するという目標へ少しずつ前進している。

これまでのところ、スペースXは、再利用が可能な自社ロケット、ファルコン9(Falcon 9)を活用して、944基の衛星を宇宙に打ち上げている。

この空の独占は、ロシアなどの権威主義国家を脅かしている。グローバルデータ(GlobalData)で通信技術を専門とするサービス・ディレクターのジョン・バーン(John Byrne)はInsiderに対し、ロシアにとってプロバイダーを罰するのは難しいが「国民に罰金を科すか、罰金を科すと脅すのは簡単だ」と語った。

バーンによると、政府はインターネットサービスを運営する権利をコントロールすることができ、例えば中国政府が自国のネットワーク会社に特定のサイトへのアクセスを禁止させるようなことも簡単に行えるという。

「衛星通信は状況を変える可能性を持っている。政府の支配も宇宙までは及ばないからだ。その結果、政府は衛星を介したコンテンツの規制にこれまで以上に苦戦している」とバーンは述べた。

とは言え、各国政府には領土の上空を規制する権利がある。例えば、飛行機が領空を通る時などだ。

スターリンクの衛星には地球低軌道(LEO)衛星もある。静止軌道衛星などに比べて低い高度を回っているが、携帯電話サービスよりははるかに高い位置にある。問題は、それらの衛星が各国政府の管理内とみなされるのか否かだ、とバーンは述べた。

ロシアは、エスフェラ(Sfera)と呼ばれる2024年に打ち上げが始まる予定の独自の衛星群によるサービスを構築する計画だと、2020年11月にインテリニュース(IntelliNews)が報じた。このプロジェクトには、1.5兆ルーブル(約2兆1200億円)かかる見通しで、ロシア政府が国内のインターネット通信を監視し続けることを可能にするだろうとバーンは述べた。

バーンによると、ロシア国民がイーロン・マスクの衛星サービスを使うと、携帯電話サービスと同様に、ロシアはインターネット通信を監視できなくなる可能性があるという。このことは最終的にはアメリカとロシアの緊張状態を極限まで高める可能性もある、とバーンは付け加えた。

[原文:Russia may fine citizens for using SpaceX's Starlink internet. Here's how the internet service poses a threat to authoritarian regimes.

(翻訳:Ito Yasuko、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み