「ビットコインはバブル」11カ月で1000%超の上昇にUBSが警告。バブル崩壊を免れる唯一の道とは

ビットコインは、過去10年間で最も価格が上昇した投資対象のひとつだ。特に直近6カ月は過熱気味に急上昇している。

2020年3月以来、ビットコインは1000%以上上昇し、市場シェアを急拡大させている。ビットコインには、機関投資家のみならず、世界一の富豪となったイーロン・マスク(テスラとスペースXのCEO)も注目している。

しかし、ビットコインは価格変動が激しい。UBSウェルス・マネジメントのマルチアセット・ストラテジスト、キラン・ガネーシュ(Kiran Ganesh)によると、価格4万ドルを超えているビットコインは、バブル状態にあるという。今はビットコイン人気が高まっているものの、ポートフォリオ分散効果において金に取って代わるようなアセットになれなければ、バブルは弾ける、と。

ガネーシュはInsiderのインタビューに答え、次のように語った。

「ビットコインが金に取って代わるとは見なされず、実体のある価値を持たないのであれば、その価値をゼロ以上と考える合理性はない。ビットコインを貨幣とは見なすことはできない。今後、実社会において有用性を持つこともないだろう」

ビットコインの歴史的急騰は、投資業界において熱い議論を生んできた。2017年、JPモルガンのCEOジェームズ・ダイモンは、ビットコインを「ちょっとした詐欺(a bit of fraud)」と呼んだが、そのJPモルガンは最近、ビットコインの価格は14万6000ドルまで上昇すると予想している。

ビットコインはなぜバブルと言えるのか

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み