無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「アップルカー」はEV覇権争いに勝ち目なし。イーロン・マスクにあるものがティム・クックには決定的に欠けている

自動車業界でブランドを作り上げるのは複雑なことではない。まず、車を作る。そして、車を売る。さらに車を作って、さらに売る。この繰り返しだ。運が良ければその車がT型フォードとなり、100年後にその会社はフォード・モーター・カンパニーのような巨大自動車メーカーになるかもしれない。

しかし実際には、そこまで至ることは多くない。ウォルター・クライスラーが目を輝かせて自動車業界に飛び込んだのが1925年。テスラはそれより後に成功を収めた初めてのアメリカの自動車メーカーだ。

自動車開発に莫大なリスクが伴うことは明白である。しかしそれだけにリターンも莫大だ。テスラは現在世界で最も時価総額の高い自動車メーカーであり、世界の自動車メーカー大手9社の時価総額の合計を上回る。

イーロン・マスク

イーロン・マスク率いるテスラは、2003年の創業から20年足らずで時価総額世界トップの自動車メーカーへと躍進した。

Getty Images/Win McNamee

この記念碑的な功績に対する賞賛は、好むと好まざるとにかかわらず、イーロン・マスクCEOに向かう。マスクは良くも悪くも注目を集めてきた人物であることは間違いない。しかしマスクには、ヘンリー・フォード、エンツォ・フェラーリ、ジョン・デロリアンのような大胆な自動車メーカー創業者と同じような性質がある。

ほぼ同世代で自動車業界に進出した、マスクほど破天荒ではない人物と言えばヘンリック・フィスカーがいる。テスラの競合であるフィスカー・オートモーティブは、2010年代初頭にテスラを押しのけて市場に参入したが、その後の金融危機の影響で倒産した。

しかしフィスカーは新たに「フィスカー・インク」を設立し、新型のSUV「オーシャン」と工場を必要としないという新しいビジネスモデルを発表し、自動車業界に復帰した。

フィスカーの「オーシャン」は、「アセット・ライト(資産軽量化)」型ビジネスモデルで製造される車種の一つであり、製造は世界でも有数の自動車受託製造会社、マグナ・シュタイアが手掛ける。納車は2022年後半の予定だ。

マスクとフィッシャーに共通する要素を、アップルのティム・クックは持っていない。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み