スペースXの衛星ネット接続サービス「スターリンク」、オーストラリアやメキシコなどでも予約受付開始

スペースXのイーロン・マスクCEO

スペースXのイーロン・マスクCEO。

Paul Hennessy/SOPA Images/LightRocket via Getty Images

  • イーロン・マスクのスペースXは2月8日、世界のさまざまな地域で衛星インターネットサービスの予約受付を99ドルで開始した。
  • これには、オーストラリア、ニュージーランド、メキシコとスターリンクがまだ稼働していないアメリカの地域が含まれています。
  • マスクは「それはすべての国で同じ価格だ。違うのは、税金と送料だ」

スペースX(SpaceX)は2月8日、衛星インターネットサービス 「スターリンク(Starlink)」 の予約受付を、オーストラリア、ニュージーランド、メキシコとまだサービスを提供してないアメリカとカナダの一部などで開始した。

スターリンクの「Better Than Nothing(無いよりはまし)」と名付けられたベータサービスは2020年10月に始まり、現在、アメリカ北部カナダ南部、そして最近ではイギリスで運用されている。

これらの地域以外では、一部の人々は2020年後半になると見られるサービス開始前に99ドルを支払って利用予約ができるようになった。

Redditのスターリンクコミュニティのユーザーや、予約登録したツイッター(Twitter)ユーザーによると、予約金は受信機などのキットの代金に充当されるという。スターリンクキットは600ドルだ。

「予約受付は先着順で行われる」と同社のサイトには書かれている

現在サービスエリアに入っていないカナダ・オンタリオ州の住民は8日、スターリンクを予約注文することができ、コストが下がることを期待しているとツイートした

スペースXのイーロン・マスクCEOは、そのツイートにリプライした

「すべての国で同じ価格にしようとしている。違いは税金と送料だけだ」

Redditのスターリンクコミュニティのあるユーザーは、カナダのバンクーバーからキットを予約したと9日に投稿した

メキシコ在住の別のRedditユーザーは、写真を投稿し、このインターネットサービスが2021年後半にメキシコにやってくるだろうと述べた。

オーストラリアのユーザーも2021年半ばから後半にやってくると見られるスターリンクを予約している。ビクトリア州のあるツイッターユーザーは、オーストラリアの田舎に住む両親のためにスターリンクを注文したと延べ、「これはゲームチェンジャーだ」と付け加えた。

同じくビクトリア州のRedditユーザーは9日、139豪ドル(約107ドル)の予約金の領収書の写真を投稿した。他のユーザーもこの投稿に反応しており、ニュージーランドでも予約が可能だと投稿したユーザーもいた。

アメリカのサービスエリア外の地域でも、スターリンクキットを予約できるところがある。

バージニア州のあるRedditユーザーは予約注文できることを確認しており、ミズーリ州南東部カンザス州イリノイ州も同様で、2021年半ばから後半にかけての納品が予定されている。

年内には、より多くの国がスターリンクにグリーンライトを与える可能性がある。Teslaratiによると、カリブ海諸国、オーストリア、スペイン、アイルランド、イタリア、フィリピン、インド、日本、南アフリカ、ブラジル、コロンビアでは、衛星ネットワークの承認プロセスはまだ初期段階だという。

スターリンクはすでに世界中で1万人以上のユーザーがおり、50Mbpsから150Mbpsのダウンロード速度を約束しているが、一部のユーザーは210Mbps以上だと報告している。

[原文:SpaceX is now offering $99 preorders of Starlink to more users around the world, including in Mexico, Australia, and US states where the service isn't yet live

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み