マスターカード、暗号通貨に対応へ…各国の中央銀行と連携してのデジタル通貨発行も視野に

マスターカード

REUTERS/Soe Zeya Tun

  • マスターカードは、2021年に暗号通貨のサポートを開始すると述べた。
  • このクレジットカード会社は、暗号通貨の立ち上げに関して主要な中央銀行に「積極的に関与」している。
  • 多くの暗号コインはコンプライアンスが不十分であるため、同社がすべての暗号通貨をサポートするわけではない。

マスターカード(Mastercard)は2021年中に、顧客が同社のネットワーク上で暗号通貨を使用できるようにする予定で、デジタルトークンを採用する企業の仲間入りをすることになった。

「現在当社は、暗号通貨と決済の未来に向けて準備をしている。2021年からは、一部の暗号通貨をネットワーク上で直接サポートすることにした」とデジタル資産担当エグゼクティブ・バイスプレジデントのラジ・ダモダラン(Raj Dhamodharan)はブログで述べている

今週、テスラ(Tesla)は15億ドルをビットコイン(Bitcoin)に投資したことを明らかにし、まもなく同社製品の支払い手段として受け入れを始めると述べた。

マスターカードはすでに、カード会員が外部プラットフォームを介してデジタル資産を利用することを可能にしている。しかし、これは取引が実際にはマスターカードのネットワークを経由しないことを意味する。しかし、今、同社はより多くの加盟店がデジタルトークンを受け入れることができるようにすることで、暗号通貨をサポートすることを目指している。これにより「消費者と加盟店の両方が、購入を行うために暗号通貨と従来型通貨の間で行き来しなくてよくなる」とダモダランは述べている。

同社はまた、世界中の中央銀行と「積極的に協力」して、人々が新しい決済方法を利用できるように、新しいデジタル通貨を発行する可能性があると述べた。

マスターカードは、現状は多くの暗号通貨がコンプライアンスを強化する必要があるため、すべての暗号通貨をサポートするわけではないと述べた。 「消費者保護とコンプライアンスに焦点を当てた当社のデジタル通貨利用の原則に基づいて、どの暗号資産をサポートするかについて慎重に検討する」

同社は、自社ネットワークでの使用に適した暗号通貨をまだ指定していない。

[原文:Mastercard will allow merchants to accept select cryptocurrencies on its network later this year

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み