『ハリー・ポッター』の世界最大のショップが今夏、ニューヨーク市でオープン

ハリー・ポッター

Warner Bros.

  • 2021年の夏、ニューヨーク市に『ハリー・ポッター』のショップが当初の計画から1年遅れでオープンする。
  • 3フロアからなるこの店では、パーソナライズ化されたローブや魔法の杖、作品に登場するお菓子などが販売されるという。
  • コンセプト画からは、バタービールといった軽食を提供するカフェが併設される可能性もありそうだ。

『ハリー・ポッター』ファンは、"生きているうちにやっておきたいこと"リストにアメリカ東海岸への旅行を加えたくなるかもしれない。

ハリー・ポッターの魔法の世界を表現した初めての旗艦店がニューヨーク市にオープンする。

世界最大の『ハリー・ポッター』の店

コンセプト画

1階から3階が"魔法の世界"に。

Warner Bros.

この店は『ハリー・ポッター』シリーズにとって、世界最大の店になる予定だ。

パーソナライズ化されたローブやバーティ・ボッツの百味ビーンズ、魔法の杖(店舗限定デザイン)といった、シリーズのファンにとっては心躍るようなグッズを取り扱うという。

場所はマンハッタンのフラットアイアン・ビルディングの近くで、1階から3階まで、広さ2万平方フィート(約1860平方メートル)超で『ハリー・ポッター』と『ファンタスティック・ビースト』の世界と買い物が楽しめる。

詳細はまだ分からないものの、発表では「インタラクティブな体験と多くの写真撮影のチャンス」を約束している。

魔法の店はまだ謎が多いものの、食べ物や飲み物が提供される可能性が高そう

コンセプト画

「アイスクリーム」の文字も……。

Warner Bros.

現時点でこれ以上のことはほとんど発表されていないが、ワーナー・ブラザースが公表しているコンセプト画には、コーヒー、アイスクリーム、バタービールなどを提供するカフェ席が描かれている。

また、「ウィザーディング・パスポート」の文字も見られることから、ファンの間では今後、世界各地に同様の店舗などが展開されるのではないかとの推測も広がっている。

当初は2020年夏にオープンする予定だったが……

ワーナー・ブラザースは2020年1月、この旗艦店を2020年夏にオープンする計画だと発表していた。

しかし、新型コロナウイルスのパンデミックを受け、10月にはオープンを2021年に延期するとしていた。現在、ショップはオンライン限定で営業している。

[原文:A massive 'Harry Potter' store is set to open in New York City this summer

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み